「喋らずにサポートしてくれ!」エジルがOBに怒りの反論

写真拡大

ドイツ代表MFメスト・エジルは、自身のInstagramでアーセナルのレジェンドらに苦言を呈した。

現在アーセナルとの契約が残り一年となっており、今季限りでの退団が噂されているエジル。

週30万ポンド(およそ4138万円)という大きな給与を求めているとも言われており、その交渉はまだうまく進んではいないという。

チームの成績もあまり伸びていないこともあって、彼は大きな批判の的になっており、ティエリ・アンリやマーティン・キーオンらからも厳しい言葉が飛んでいる。

エジルはそれらの批判に対して反論し、自身のInstagramに以下のように投稿した。

メスト・エジル

「2017年9月2日だ。僕はドイツの代表チームにいた。昨日、我々はチェコに勝利して、ロシアのワールドカップに向けて大きな歩みを進めた。

この数日間、ドイツのチームメイトからは『今のアーセナルはどうなっているのか』と聞かれた。

彼らは、今メディアから流されている我々の危機についての話を読んだんだ。評論家やチームのOBが、毎日のように話していることを。

彼らは、『この数十年で最も悪いチームになるかもしれない』と言っている」
メスト・エジル

「僕はこの文章を周りの人々とともに書いている。我々は祝うべきものを持っている。試合に勝てなくても、今日トロフィーがなくても、アーセナルと僕は我々の記念日を祝っている!

4年前、僕はレアル・マドリーからマーケット最終日にアーセナルへとやってきた。アーセン・ヴェンゲルが僕を信頼してくれたからだ。

彼は僕に説明した。このクラブの偉大な歴史を。ベルカンプやヴィエラ、ピレスなどのレジェンドを。彼らがヴェンゲルの成功の一役を担ってきたことを。

アーセンは、選手としての僕をどのように成長させるか説明してくれた。それはどんな選手も聞きたいものだし、素晴らしい激励だ。

僕はプレミアリーグに来た当初苦しんだとは言え、そのチャレンジを受け入れた。

最初は左サイドハーフとしてスタートした。正直に言って、僕はそのポジションを全面的に受け入れたわけではなかった。もっと10番としてプレーしたかった。

中央でプレーするときには、試合をコントロールできるし、チャンスを生み出せるからね。

プレミアリーグは、リーガ・エスパニョーラやブンデスリーガよりもフィジカル面が求められる。

1対1の対戦は厳しい。小さなクラブも強いチームを持っているし、簡単には負けない。

さらに言えば、冬休みもない。それはシーズンがあまりに長いということを意味するし、疲れるものだ。特にヨーロッパの大会や代表チームの活動が加わればね」
メスト・エジル

「我々はこの4年間ともに多くの栄光に輝いてきた。クラブは75年間で13回FAカップを優勝している。そのうち3回はこの4年だ。

加えて言えば、コミュニティ・シールドも3回だ。つまり、この4年で6回のタイトルを獲得してきたことになる。

しかしながら、もっと残念なのは昨季のタイトルレースに絡めなかったことだ。それこそ、我々が今季やりたいことだ。

個人的には、ロンドンに来てからのプレーについて、多くの批判は受け入れる。『高すぎる、強欲だ、態度が悪い、戦えない』と。それが人々の意見だ。

そのようなコメントは、僕を知らない人々が言ったものもあれば、元選手が言ったものもある。

批判は、どんなサッカー選手であっても対処しなければならないものだ。

しかし、僕はそれでもレジェンドにはレジェンドらしい態度を期待したい。

僕が元アーセナルの選手に言いたいのは、喋るのを止めてサポートしてくれということだ!

すべてのグーナーに感謝したい。常に僕をサポートしてくれた。信じてくれた。エミレーツでの試合を終えて、スタジアムを離れる時、ファンが街のストリートで立ち上がって応援しているのを見る。

いいプレーをしたときには、僕の歌を歌ってくれる。そして、それは僕に素晴らしい誇りを与えてくれる。常に鳥肌を立たせてくれる」

「今後のキャリアがどうなるのかわからないが、アーセナルとの5年目を楽しみにしている。

素晴らしい伝統と偉大な人々を持つクラブだ。このシャツを着ることができて嬉しいし、この4年間素晴らしい時を過ごしてきた。それをロンドン、イギリス、そして世界中の人々に伝えている」