柴崎岳【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は3日、ロシアW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦に向けて練習を行った。

 6大会連続のW杯出場を決めたオーストラリア戦、柴崎岳はピッチに立つことはできなかった。コンディションは「維持している」という柴崎は、サウジアラビア戦に出場すれば久々の代表戦となる。

「今の自分をしっかりと表現したいなと思いますし、できると思っています。試合に出たらそれだけしか考えてないですね」

 プレー面だけでなく「やはり精神的なところも向上していますので、さまざまな面で今の自分を表現したい」と柴崎。ハリルジャパンでの序列を高めていく上でも、今回のサウジアラビア戦は重要な一戦だ。

「求められていることをしっかりと評価されるようにプレー、パフォーマンスすることが大事。監督も言っていますけど、今のままではまだW杯で十分な結果を得るには足りないと。僕自身もそう思いますし、もっともっと向上心を持って、満足せずにやることは大事かなと」

 さらなる成長へ、まずは目の前の試合で存在感を示したい。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部