台湾で現在も保存されている戦前の日本人住宅


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

南三陸病院・復興の力

 2011年3月11日、東日本大震災が起きた。被災地支援を今も続けている。宮城県南三陸町にも何度か支援に入った。元気づけのための講演会も行った。

 震災当時、町には公立志津川病院があった。海岸沿いだったため、5階建ての建物の4階部分まで津波が押し寄せ、看護師、患者、合わせて74人が犠牲となった。

 2015年12月、町の高台に新しく「南三陸病院」が建てられた。三県の被災地の中で、いち早く新病院が建ち上がったのだ。

 調べてみると、建設費約56億円のうち、約4割に当たる22億2000万円を台湾の中華民国紅十字会総会(台湾赤十字)が支出していた。台湾の方々からのこれほど多くの義援金が寄せられていることに驚いた。

 そんな折、台湾の「遠見雑誌」から声がかかった。日本で言うと「日経ビジネス」のような経済誌である。

 31周年記念イベント「全国必修不老学国際シンポジウム」にメインスピーカーとして来てほしいという。さらに、台湾大王製紙からも講演を依頼された。ぼくがCM出演をしている介護オムツ「アテント」が台湾進出しているのだ。

 8月初め、ぼくは台湾へ渡った。講演会は、台北大学など3か所で行われ、いずれの講演会場も人であふれた。

 ぼくの著書は5冊が中国語に訳されている。中でも、「1%の力」(河出書房新書)と、人気絵本作家の長谷川義史さんとコラボした震災の絵本「ほうれんそうはないています」(ポプラ社)は台湾でも好評だ。

自分のことのように心が痛んだ

 今回の台湾訪問の最大の目的は、なぜあれほど多額の震災支援をしてくれたのかを知ることだった。

 台湾は、中国との複雑な関係があり、正式に国としては認められていない。人口的にみると日本の5分の1の小さな国である。なぜ200億円もの支援をしてくれたのか、不思議でならなかった。

南三陸の志津川病院の近く(2011年5月)


国際シンポジウムで超高齢化を経済、保険、健康という視点で講演


 それを解明したくて、たくさんの方にお会いした。町の食堂で出会ったおじさんやおばさん、若者、国の要人、本省人(ほんしょうじん)、外省人(がいしょうじん)、たくさんの人の声を聞いて歩いた。

 台北にはたくさんの公園があり、毎朝人々が集まって、太極拳をしたり、ダンスをしたり、体操をしたり、カラオケをしたり、自由な人間と人間の関係がつくられていた。その輪はとてもオープンである。

 日本の演歌に合わせて踊っている女性グループがあり、その中にただ1人、中年の男性が混じっていた。「なぜ女性の輪の中で踊っているのですか」と聞いた。

 「リーダーが美人だから」と笑いながら答えてくれた。実にうまく溶け込んでいる。

 「震災のとき、日本のことをどう思いましたか」と聞いた。なんと日本語で話し始めた。「津波のテレビを見て、自分のことのように、心が痛みました」。すぐに寄付を申し出てくれたという。

90歳の老人が4万円も寄付

 カラオケをしているおばあちゃんにも声をかけた。もうすぐ90歳だという。

 「統治もされたが、日本はいいこともたくさん残してくれた。『徳を持って、恨みに報いる』。私達台湾人は、そう思っている。私は4万円ほど寄付をしました」

 身なりから察しても、庶民の高齢者である。その方がこんなにもしてくれるのかと驚いた。

 台湾赤十字の王清峰会長を訪ねた。ここでは、さらにとんでもないことが分かった。

 台湾赤十字からの寄付は、南三陸病院だけではなかった。

早朝の公園で体操


台湾赤十字の会長と


 岩手県山田町、大槌町、宮城県気仙沼市、福島県相馬市、新地町などで、保育所、公営住宅、市民福祉会館、保健福祉センター、公営老人住宅など、地域が必要とするものを建設していたのである。

 日本の保育園や小学校から届いた感謝の横断幕が飾られていた。

 「台湾人は日本人のことが好きです。今回、被災地に支援を送ったのは、日台の友好関係が末永く続くことの象徴なのです。1999年に中部大地震が起こった時も、2009年に台風で大損失を起こした時も、日本はいち早く支援に入り、たくさんの救援をしてくれました」

 台湾は、怨があっても恩で返す。恩はさらに大きな恩で返すのだ。何だか不思議な国である。

過去を引きずらない

 「1%的力量」の講演をした後、熱血中学教師、王政忠さんにお会いした。王さんは、スーパーティーチャー賞、パワーティーチャー賞、エクセレントティーチャー賞の三冠王、伝説の教師である。

 現在は7000人を超える教師が彼の考えに賛同し、教員自主学習ムーブメントを巻き起こしている。

 彼も親から、「勉強するよりも、働け」と言われたという。ぼくと同じように苦学をした。王さんは「0.1mm」という本を出している。「0.1mm考え方を変えたり、生き方を変えれば、人生は大きく変わる」という。

 「子供たちに日本のことを教育するとき、どんな考えで教育していますか」。彼に質問した。

 「過去を引きずらないことが大切」と答えてくれた。

 「1%」「0.1mm」感じ方が変われば、世界は変わる。

 大王製紙主催の介護講演会の際、若い女性スタッフ20人ほどにも話を聞いた。

 震災の時は心が痛んだ。ほとんどの台湾人が日本に支援をしたという。日本語を学ぶ若者も多いという。たくさんの人が一度は日本を訪れているという。小さな国で自然発生的に200憶以上ものお金が集まった理由が分かってきた。

「1%の力」の講演会で。左は王先生


元司法長官にインタビュー


日本精神

 昨年まで台湾の司法長官を務めていた法律家の頼浩敏(ライコウビン)氏によると、 3.11の日本の震災への義援金は、国が音頭を取ったわけではなく、国民それぞれが自発的に行ったものだという。

 この人も流暢な日本語を話した。日本政府の留学奨学金を得て、東京大学法学部政治学研究科で勉強したという。ぼくの「1%の力」も読んでくれていた。

 この人は、「リップンチェンシン」という言葉を何度も言った。「日本精神」という意味だという。誠実さや、あきらめない強い気持ちなど、かつて台湾にいた日本人から学んだのだという。各所でこの言葉を聞いた。

 世界中旅してきたが、台湾は丸みがある。遠見雑誌の社長や編集長も女性。「女強人」、スーパーレディがたくさんいる。社会のリーダーになっている。

 そんな女強人たちにも日本の印象を聞いた。

 「日本から学ぶことは多い」「だから今回もこうして、鎌田さんをメインスピーカーとしてお呼びした」

 若者から高齢者まで、丸くて、明るくて、誠実で、それでいて一人ひとりが芯の強さを持っている。そんな人たちが、「日本が好き」と言ってくれた。

五結町長と


鎌田の右隣は106歳のおばあちゃん。ピアスが美しい。


アジアの日本をもっと意識しよう

 宜蘭県(ぎらんけん)を訪れ、五結(ごけつ)町長にお会いした。震災後すぐ、町長の一存で、町の役場に募金箱を置いた。

 農村地帯である。田舎で農業をする人たちにとって、どのように義援金を送ったらいいのか分からない。誰でも簡単に支援できるよう、役場に募金箱を置いたところ、数日で200万円が集まったという。

 宣蘭には、古くから日本人が造った砂糖工場やパルプ工場があり、今も一部使われている。戦時中日本人が住んでいた古い木造家屋も残っている。

 ぼくが村役場へ行くと、村民の方たちが、集まってきた。「日本からお礼を言いに来ました」と言うと、嬉しそうだった。真っ黒に日焼けしたおじいちゃんが言った。「ほんのちょっと応援をすると、日本人は忘れない。それがいい」。

 台北市に住む4世代家族の106歳のおばあちゃんにもお会いした。楊(よう)さん。日本語が話せる。

 長男(81歳)は、元病院の検査室主任、孫(53歳)は放送局に勤務。ひ孫は日本語も学んでいるという。長男の嫁も日本語が話せる。家族に何人か日本語の話せる人がいる。

 106歳の楊さんは、日本語で話すとご機嫌がいい。日本人が訪ねて来てくれただけでうれしいと言ってくれた。もちろん日本にも旅行したことがあるという。

善いことは人に知られなくていい

 あちこちで「謝謝」と言うと必ず、「ありがとう」が返ってきた。台湾と日本の関係は、今後日本がアジアの中でどう生きていったらいいのかを考えるのに役に立つ。

 アジアにおける日本は、存在感を発揮し、良い関係を保っているとは、決して言えない。むしろどの国ともぎすぎすして、綱渡りの細い信頼関係が続いている。

 もともと我々は、大陸からこの日本列島へやってきた。2000年も遡れば、アジアの人たちとは遠い遠い親戚みたいなものである。台湾とのような良い友好関係が、アジアだけでなく、世界へ広がっていけばいいと思う。

 花蓮の先住民タロコ族の美しい女性が、紙にこう書いた。「為善不欲人知(ぎぜんふよくじんち)」。本当の善行は人に知られなくていい。

 中国も、韓国も、台湾も、日本も、同じアジア。本当の善行をぼくたちがやり続けていけば、いつか雪解けがやってくる。政府は、時にはつばぜり合いをしなければならないかもしれないが、国民どうしは、本当の善行をし続けることが大事のように思う。

 3.11の震災でぼくたちの国は傷ついたが、台湾だけでなく多くの国々から応援をもらった。大人の台湾とだけ分かり合えればいいとは言わず、アジアのすべての国々と良い関係を作っていくことが、貿易立国日本にとって大事なことだと思っている。

筆者:鎌田 實