大きな鍵盤を踏むとプロの合唱団が歌い出す「Living Piano」と呼ばれる企画。人間でピアノなんて言うと、ちょっとバカバカしく思えた。だけど、演奏が終わる頃には自然と拍手してしまう自分が……。

女の子が鍵盤を踏み、いい大人たちがドレミを奏でるとクスクスと笑う周囲。しかし、そんなことは気にもとめずに演奏は続いていく。途中で、鍵盤の上にずっと座っている男性が登場するのだけど、途切れることなく美声を放ち続けるのは、さすがプロ。

最初は笑ってしまったものの、歌声に合わせてカラダを揺らしたくなる心地よさ。最後は、拍手と賞賛の声まで上がったのだから。

実は、過去にカンヌの広告賞にノミネートされたこともあるみたい。残念ながら、ナゼこの企画を思いついたのか聞くことができなかったのだけど、動画を見ると全員が大真面目にやっていることだけは伝わってきた。

よくよく考えてみると、プロの合唱団に歌ってもらえるなんてかなり贅沢。音楽の楽しさを、改めて教えてくれたような気がした。

Licensed material used with permission by 1one