昌子源【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は3日、ロシアW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦に向けて練習を行った。

 オーストラリア戦で勝利したことで、日本はすでに本大会出場を決めている。そのため今回のアウェイ戦は主力を休ませ、若手に経験を積ませる可能性がある。

 吉田麻也が出場しないと仮定すると、昌子源には責任感あるプレーが求められる。本人も植田直通、三浦弦太といった選手とのコンビにイメージを膨らませている。

「ナオとはずっとやっていますし、そんなに代表でも変わることはないかなと。でも弦太に関しては、僕もなかなか先輩面できる立場ではないので、お互いを高め合ってサポートしあってやっていければ」

 植田について「極端にファイター気質っていうのがあって、つぶし屋みたいなところがある」と昌子は言う。オーストラリア戦はベンチ外となったが、「それをバネにやってくれるし、鹿島でも出られない時も腐らずずっと練習をやって、今では不動の地位を築いていると思う。代表でもあいつの自分のやることっていうのはわかっていると思うんで、続けてほしい」と語った。鹿島アントラーズでもコンビを組んでおり、後輩の能力を問題なく発揮させられるだろう。

 三浦については「ビルドアップとかうまいから、極力そういうのでどんどん前に行ってほしい」と話す。また「守備に関しては対人も強いし、走りも速いし、そういうのを考えるとあんまり弱点のない選手。僕よりクオリティだったりレベルは高いと思う」と称賛した。

 まだ誰が出場するかはわからないが、昌子には最終ラインのリーダーとしての働きが期待されるだろう。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部