ベルギー、W杯出場決定【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間3日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループH第8節で、ベルギーはギリシャに2-1で勝利した。この結果、ベルギーは2大会連続13回目のW杯本大会出場権獲得を決めている。

 2位ギリシャと対戦した首位ベルギーは、この試合に勝つと欧州予選第1号のW杯出場決定チームとなる。だが、敵地での一戦は簡単には進まない。前節最下位のジブラルタルから9ゴールを奪った爆発力はギリシャの守備の前に封じられた。

 序盤はギリシャにポストを叩くシュートを打たれるなど、ベルギーにとっては厳しい戦いが続く。

 引いて構える相手を崩せずにいたベルギーだが、70分にこじ開けた。フェルトンゲンのミドルシュートがゴールネットを揺らし、ついに先制する。

 しかし、W杯出場権を得るのは簡単ではない。先制点の3分後、ギリシャにクロスを入れられると、ゼカをフリーにしてしまい、1-1となる。

 それでも一度火のついたベルギーの攻撃は止まらなかった。74分、右からのクロスにルカクがヘディングで合わせて、すぐに勝ち越しに成功する。

 これが決勝点となり、ベルギーは2-1で勝利。W杯出場権を手にした。

 なお、ギリシャを勝ち点2差で追っていた3位のボスニア・ヘルツェゴビナは最下位ジブラルタルに4-0と快勝。ギリシャを抜いて2位に浮上している。

text by 編集部