『働くオンナの救Q箱』

暑い時期は食欲がわきません…

疲れを感じやすくて夏バテしがちなこの季節、「お腹がすかないから」と食事量が減ってしまう女性も多いはず。その症状の原因を徹底解明!

Q1 なぜ夏は食欲がなくなるの?A

食べたいという欲求が起こらない状態のことを「食欲不振」といいます。今の時期ならば夏バテのひとつの症状といえるでしょう。気温の高い夏季は体内に熱がこもりやすく、その熱を体外へ放出することで身体を冷やそうとします。しかし、そこで冷たいものを飲んだり、冷房のきいた部屋で過ごすことで極端に身体が冷え、胃腸の機能低下につながるのです。これが食欲不振を引き起こす原因となります。

Q2 食欲を回復させるには?A

夏バテによる食欲不振に陥る人の多くは、もともと胃腸が冷えて弱っていることがほとんど。この状態を漢方用語で「気虚(キキョ)」といいます。胃腸は体内へのエネルギー供給において非常に大切な役割をもつため、気虚の状態では体力や免疫力が低くなり夏バテしやすいのです。そんな時は、胃腸=お腹を温めることが最優先。冷房環境にいる間はカイロを貼ったり、就寝時に腹巻きをするのがおすすめです。内側から温めるなら、薬効成分が溶け込んだ薬酒を少量摂取することでも食欲増進につながります。また、薬酒は新陳代謝を活発にするほか、滋養強壮の効果も得られるので、気虚の改善にも効果的です。

Q3 放っておくとどうなるの?A

「腹が減っては戦ができぬ」ということわざの通り、食事により胃腸を動かすことは人間にとって重要なこと。Q2でも述べたように、食欲不振を放置すると体力や免疫力が低下。下痢や便秘、食後の胃もたれや全身の倦怠感、風邪をはじめとするさまざまな疾患の引き金になり得るのです。また、栄養や水分が全身のすみずみまで循環しないため、肌や髪がカサカサになるなど、女性にとってあまり喜ばしくない変化も出てくるでしょう。

Q4 病院には行くべき?A

一時的に食欲不振に陥っても、普段から活動的で体力がある=胃腸の機能が正常である人、つまり気虚でない人は、一晩眠れば食欲は回復します。ただし、「食欲がない」という自覚症状だけでは他にどんな症状や病気が潜んでいるかわかりません。気虚の人はもちろん、あまりに食欲不振が続くようであれば、近隣の内科や消化器科の受診をおすすめします。

Q5 食欲不振を防ぐには?A

食欲不振や夏の疲れを感じやすい8月後半〜9月頃に備え、今から意識的に胃腸の機能を整えておくといいでしょう。飲み物はアイスではなくホットに、サラダよりもスープを選ぶなど、温かいものを食べる習慣づけをし、体を温める生姜、ゴボウ、ジャガイモといった根野菜をとるのも効果的。また、胃腸の働きを高めて気虚からの体質改善へと導く「補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」という漢方薬もおすすめです。胃腸虚弱は万病のもと。しっかりと対策をして、自分の身体を大切にしてあげましょう。

監修
新井 信 先生
漢方専門医・指導医
総合内科専門医
東海大学医学部専門診療学系
漢方医学教授
http://kampo.med.u-tokai.ac.jp

メトロと街のマガジン メトロポリターナ

メトロポリターナは毎月10日発行。東京メトロ駅構内の専用ラックで期間限定(10日間)で配布されている情報満載のフリーペーパーです。
⇒ http://metropolitana.tokyo/