小沢健二、新曲「フクロウの声が聞こえる」でSEKAI NO OWARIとコラボレーション

写真拡大

 小沢健二が、9月6日にリリースするシングル『フクロウの声が聞こえる』の表題曲でSEKAI NO OWARIとコラボレーションしていることを発表した。

(関連:小沢健二、Mステ出演が与えた衝撃 音楽シーンに復活果たした意義を読む

 今回のコラボレーションは、9月1日から渋谷マルイ壁面に掲載された大型広告にて解禁された。小沢健二が他アーティストとのコラボレーション楽曲を発表するのは、スチャダラパーとの「今夜はブギー・バック」(1994年)以来約23年ぶりとなる。きっかけは小沢が「フクロウの声が聞こえる」を書いている頃、ニューヨークで両者が度々会っており、自然に小沢から「一緒に録音しない?」と声を掛け、それにSEKAI NO OWARIが快諾したことから始まったという。

 同シングルは、今年2月に発表した『流動体について』以来半年ぶりの新作。ジャケットは、フクロウのイラストが描かれたデザインであり、『花男』『鉄コン筋クリート』『ピンポン』『ナンバーファイブ 吾』などで知られる漫画家・松本大洋が手がけている。(リアルサウンド編集部)