大型バスではなく、数台のハイヤーやタクシーで練習場に乗り付けた選手たち。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト編集部)

写真拡大

 いきなりアウェーの洗礼か。
 
 9月5日にロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の最終節、サウジアラビア戦を控える日本代表が同3日、夕方からトレーニングを実施した。
 
 冒頭15分だけ公開されたトレーニングだが、規定の時刻になっても選手たちはピッチに現われない。実は、選手たちをホテルから練習場に送迎するバスが、渋滞のため予定の時間に到着せず、急きょ、選手たちは数台のハイヤーやタクシーで向かうことに。
 
 もっとも、アクシデントにもかかわらず、選手たちはいつもと変わらぬ様子でトレーニングに励んでいた。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
【日本代表サウジアラビアトレーニング2日目PHOTO】移動バスが来ない珍事も選手達は淡々とトレーニング