ビジャとの交代でピッチを去るイスコ

写真拡大

1日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたスペイン代表とイタリア代表の一戦で、素晴らしい活躍を披露したイスコは「完璧な夜だった」と話し、3-0の完勝という結果を喜んだ。

「残りの試合の中で最も重要な試合だった。我々はそれを解決することができた。まさに完璧な夜だった。僕達は勝利に相応しかったと思う。」
スペイン代表がW杯出場 に一歩前進した試合で最初の2ゴールをマークしたイスコはそのように語った。

さらにイスコはこう続けた。
「システムよりも最も大事なのは選手達の姿勢だ。僕達は結束している。それをずっと以前から示してきた。今日、強敵を相手にしてもそうだった。僕は2度シュートを放ち、2ゴールをマークする事ができた。特別な夜にチームを助ける事ができ、非常に満足しているよ。」

また昨夜の試合で最も際立っていたシーンの1つ、ヴェラッティをかわした股抜きについて聞かれた彼はそれを重要視しなかった。「それらは単なる試合の中の1シーンだ。他の日には僕が股を通される事だって起こり得る。」