犬はご飯を好き嫌いするの?

犬もごはんの好き嫌いをします!特に、食が細い小型犬によく見られ、悩まされている飼い主さんも多いのではないでしょうか。私の愛犬も昔はドッグフードを食べず、空腹で吐くということをよくしていました。ですが、その子に合った食事を見つけてあげると少しずつですが食べてくれるようになります!
今回は「犬がご飯を好き嫌いする理由」とその対処法を合わせてご紹介していきたいと思います。

理由その1:匂いや味が嫌い

犬は嗅覚がとても優れているので(人間の100万倍以上)美味しいにおい、不味いにおいがよくわかります。私たちにはあまり分からないにおいの違いも敏感に感じ取って、好き嫌いを判断しているのでしょう。また、ドッグフードにもたくさん種類があり、原材料の違いによって味にも大きく違いがでてきます。鶏肉は好きだけどラム肉は苦手、魚は好きだけど肉は苦手…など犬も味の好みがあるのでしょう。

対処法

愛犬の好みを把握して、お気に入りのフードを見つけてあげましょう。たくさんの種類が販売されていますので、愛犬が食べてくれるものがきっと見つかります。試供品や少量タイプを上手く利用すると飼い主さんのお財布にも優しくなりますよね。

理由その2:食べにくい

超小型犬や小型犬に多い理由ですが、普通サイズのドッグフードだと口の中で上手く噛み砕くことができません。また、食道も細いので丸呑みもできない結果、食べられなくなってしまいます。

対処法

ドライフードであれば、小粒のものを選んだり、少しのお湯でふやかしたりして食べやすくなるように配慮してあげましよう。また、半生タイプ(柔らかくて小粒のもの)も色んな種類のものが販売されていますので、試してみてください。うちの愛犬も普通のフードは食べにくいので、超小粒の半生タイプを少しずつ食べています。

理由その3:オヤツの方が好き

ドッグフードを食べないからかわいそう…と思ってオヤツを多めにあげていませんか?実はそれ、悪循環に陥ってしまいます。人間でも「オヤツばっかり食べていたらごはんが食べられなくなるよ」と怒られますよね。

対処法

あくまでもオヤツは何か上手く出来たときの「ごほうび」としてごく少量を与えましょう。

理由その4:人間のごはんが欲しい

犬に人間のごはんをあげてはいけない、ということは皆様ご存知だと思いますが、愛犬が可愛い顔で「欲しいな〜(よだれ)」と見つめてくればついつい分けてあげたくなりますよね。さらに普段ドッグフードを食べない子ならば、お腹が空いているだろうとかわいそうになって、あげてしまうと思います。犬は賢いので、「ドッグフードを食べなければもっと美味しい人間のごはんがもらえる!」と覚えてしまい、ドッグフードを食べなくなるでしょう。

対処法

人間のごはんは犬にとって高カロリー、高塩分なので健康に悪いので、あげないようにしましょう。どうしてもドッグフードを食べない場合は、肉や魚を使った手作りごはんも検討してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「愛犬がドッグフードを食べてくれない」とお悩みの飼い主さんは、何か解決策が見つかりましたか?この記事でご紹介したことがヒントになって、少しでも食べてくれるようになれば嬉しいです!たくさん食べて元気に毎日が過ごせるように願っています。