浦和、ルヴァン杯連覇ならず 後半二枚替え奏功も…C大阪にアウェーゴール差で敗戦

写真拡大

前半11分にC大阪が先制、同44分にも追加点

 浦和レッズはルヴァン杯の連覇はならずに準々決勝で敗退となった。

 セレッソ大阪をホームに迎えた第2戦で前半2点のアウェーゴールを許すと、後半に同点まで試合を持ち込んだものの、2戦合計で敗退となった。

 浦和は第1戦で途中出場したユース所属のDF橋岡大樹をスタメン起用してU-21の枠を使用。主将のMF阿部勇樹やFW興梠慎三をスタメンに戻した。一方のC大阪は初戦でも活躍したMF斧澤隼輝をU-21枠で起用し、FW柿谷曜一朗とFW山村和也の2トップで臨んだ。

 初戦がスコアレスドローだけに、アウェーゴールを避けたい浦和だったがセットプレーから陥落してしまう。前半11分、左CKをニアサイドに走り込んだ山村が頭でつなぐと、ファーサイドにDFマテイ・ヨニッチが走り込んでゴール。早くもスコアが動いた。

 浦和がボールを保持しながらスピードアップできない展開のなか、C大阪はまたしてもセットプレーで追加点を奪う、同44分DF丸橋祐介がゴール正面20メートルほどから直接狙ったFKは壁の上を越えてゴールに吸い込まれた。アウェーゴール2点のリードと、C大阪が圧倒的に優位な状況で前半を終えた。

浦和が後半から二人投入、いきなり仕事

 浦和の堀孝史監督はハーフタイムに2枚替えを決断。負傷から復帰のDF森脇良太とFW武藤雄樹をピッチに送り込むと、その交代選手がいきなり仕事をする。後半3分、右サイドでボールを持ったMF平川忠亮がアーリークロスを上げると、ニアに走り込んだ武藤がファーサイドにヘディングで流し込んで1点を返した。

 この1点でホームの浦和が一気に追い上げムードになって攻勢を強めた。ゴールに迫る回数を増やした中で迎えた同25分、浦和は最後の交代カードで昨年の今大会得点王のFW高木俊幸の投入を決断。すると、その高木はいきなり右CKのキッカーを務めてピンポイントクロスを供給。ゴール前で興梠が合わせて2-2の同点とした。

 このままのスコアならC大阪、浦和は準決勝進出に勝ち越しゴールが必要となるなか、浦和はスクランブルの4-4-2システムで猛攻。C大阪をゴール前にくぎ付けにしたが、GK丹野研太のファインセーブもありスコアは動かず。2戦合計2-2ながらもアウェーゴール数の差でセレッソが準決勝進出を決めた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images