中米エルサルバドルの首都サンサルバドルで開催されたエキスポ・タトゥーで、タトゥー見せる男性(2017年9月2日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中米エルサルバドルの首都サンサルバドル(San Salvador)で2日、今回で2回目となるエキスポ・タトゥー(Expo-Tattoo)が開催され、コロンビア、コスタリカ、ニカラグア、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルなどからタトゥーアーティスト50人以上が集まった。主催者によると、このイベントはエルサルバドルにおけるタトゥーを犯罪と結びつけるという偏見を捨てることにあるという。
【翻訳編集】AFPBB News