【ソウル聯合ニュース】北朝鮮による6回目の核実験を受け、韓米の軍制服組トップは3日、電話会談を行い、最も早い時期に韓米の軍事対応策を講じて実行することで合意した。韓国軍合同参謀本部が伝えた。

 鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)合同参謀本部議長とダンフォード米統合参謀本部議長は会談で、「北の核実験は非常に深刻な挑発で、絶対に黙認できない挑発」であるとの認識で一致したという。