2日、人民日報海外版は記事「不明の中国人留学生、遺体で発見」を掲載した。横浜市在住の中国人留学生、馮如イーさんの遺体が発見された。8月10日に家族とビデオ通話した後、消息が分からなくなっていた。

写真拡大

2017年9月2日、人民日報海外版は記事「不明の中国人留学生、遺体で発見」を掲載した。

横浜市在住の中国人留学生、馮如●(フォン・ルーイー、●は「羽」の下に「廾」)さんの遺体が発見されたことが明らかになった。遺族が中国メディアに伝えたもので、馮さんは8月10日、横浜市の自宅で母親とビデオ通話した後、消息を絶っていた。29日に静岡県富士宮市北山で遺体が発見されたという。

日本の警察の調査によると、馮さんは15日未明に横浜市でタクシーに乗り、自殺の名所として知られる青木ケ原樹海に向かったことが明らかになっている。運転手は、馮さんを降ろした後、直ちに警察に通報したが、その後、行方が分からなくなっていた。遺体が発見された場所は青木ケ原樹海から約25キロの地点。馮さんの父親は「息子は楽観的な性格だった。自殺するような子ではない。警察の捜査を待ちたい」と話している。

馮さんは中国の大学を卒業後に来日。横浜国立大学で学んでいた。8月22日には大学院試験が控えていたほか、中国に一時帰国する往復航空券も購入済みだった。(翻訳・編集/増田聡太郎)