仏南西部ボルドーで観測された落雷(2017年7月18日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランス北東部アゼライユ(Azerailles)で2日、音楽フェスティバル「ビュー・カナル(Vieux Canal)」の会場で落雷があり、テントへの落雷で15人が負傷した。このうち2人は重傷だという。地元当局やメディアが明らかにした。

  地元議会が発表した声明によると、雷はフェスティバルの最中、会場内のあちこちに落ちた。雷の直撃を受けて60代の女性と44歳の男性がやけどを負い重傷だという。

 地元メディアによれば、雷はフェスの参加者たちが避難していた大型テントを直撃した。テントの近くには大きな木があった。

 負傷者はフェス会場内の救護所で応急手当を受けた後、付近の病院に搬送された。10歳ほどの子ども2人も落雷のショックから病院で治療を受けている。

 地元メディアの報道によると2日夜、落雷後に予定されていた同フェスのステージは全て中止となった。
【翻訳編集】AFPBB News