みなさんの恋心はいつも本気ですか? 女子は恋に真剣な人が多いですが、男子の場合、照れが通常化しているのか、ヘラっとした付き合い方をする人がココにもソコにも、ほらアソコにも! そこで今回は、男子を本気にさせちゃう恋のテクニックを恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんに教えていただきます。

1:言葉よりも行動で!

箱崎「どんなに“好き、好き〜”と言葉に出して伝えたところで、そこまで心には響きません。言われたら嬉しいかもしれませんが、“本気”にさせるには足りませんね。

付き合う前だったら、“かっこいい”“素敵”という褒め言葉や、“飲みに行かない?”などのお誘い言葉で伝えようとするかもしれませんが、本気にさせるには物足りない。

効果的なのは、“好き”という気持ちを言葉ではなく行動で示すことです。むしろ言葉では、まったく逆なことを言ってもいいくらい。俗にいうツンデレってやつですね。

風邪っぽい彼に対し、“あれれ〜、●●は風邪引かないって聞いだけど?”などと憎まれ口をたたきながらも、あとで薬や栄養ドリンクなどをソッと差し出す……。

言葉ではなく、こういった“好き”行動を積み重ねていくことで、“彼女はリアルだ”と思わせることができます。そうすると、本気のラブは近いでしょうね」

2:元カレ話を有効に使う

箱崎「人の振り見て我が振り直せ……ではないですが、元カレの悪口を狙いの男子に“言わせる”ことも効果的です。

“遅刻ばかりして、いつも泣いていたんだ……”なんて真剣に話せば、たとえ自分が本当は遅刻魔だとしても、“最低のヤツだな!”なんて怒ってくれるでしょう。

ポイントとしては、“風邪引いているのに、7時間も待っていた”など、ちょっと極端にすることです。そうすれば、もし相手の彼が遅刻魔だとしても、“それはいくらなんでも、ひどい”と思わせることができます。

彼が元カレの悪口を言うパターンにはまってくれたら、しめたもの。自分が“こうなってほしい”と思う彼氏像の正反対の元カレ像をつくり、“ひどいことされた話”を具体的にすればいいだけ。

そのことについて、“それはひどい! 俺はそういうことしないよ”という言葉を引き出すことができれば、実際にそういう彼氏になってくれようとするでしょう。

すると、“なぜ俺は変われたんだろう? がんばれたのだろう?”とふと自問するはず。そして、“あ、俺、彼女に本気なんだな”とそのとき彼は自然に気がつくでしょうね」

以上、男子を「本気」にさせちゃう恋のテクニックをご紹介しました。いかがでしたか? 彼を真剣にさせるということは、それだけ責任を伴います。あなた自身が真剣なときにだけ、実行してくださいね。

【取材協力】

箱崎キョウコ(はこざききょうこ)・・・スナックホステスの経験を活かし、スポーツ新聞でコラム連載後、著書も出版。現在は育児にがんばる4児の母。「案ずるより産むが易し」がモットー。趣味はボルダリング。