8月31日に行なわれたワールドカップ欧州予選A組のフランスvs.オランダは、戦前にオランダのサッカー専門誌が「ダビデとゴリアテの戦い」にたとえていた。身長3メートル近い巨人兵士ゴリアテを、羊飼いの少年ダビデが勇敢に戦って倒してしまうという旧約聖書の話だ。


オランダはまだ33歳のロッベンに頼らざるを得ないのか

 しかし現実は、寓話とは違って残酷なものだった。巨人ゴリアテ(フランス)は4-0というビッグスコアでダビデ(オランダ)をひと捻りで倒してしまった。

 テクニック、パワー、スピード、タクティクス(戦術)、メンタル、インテンシティ(プレー強度)、スタミナ……すべてにおいてフランスが優っていた。「カテゴリーが違う」と私はうなった。「1部リーグの強豪チームvs.2部リーグの下位チーム」「トップチームvs.U-17」。そのぐらい歴然とした差がフランスとオランダの間にはあった。

 フランスの先制ゴールは14分。オランダ陣内で右SBジブリル・シディベ(モナコ)がMFヴェスレイ・スナイデル(ニース)との競り合いに勝つと、パスを受けたFWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)がFWオリヴィエ・ジルー(アーセナル)とのワンツーで抜け出し、最後は冷静にGKヤスパー・シレッセン(バルセロナ)の股を抜くシュートを決めた。

「11人対11人」の段階で両者の間に埋めがたい差がはっきりとあったのに、62分にMFケヴィン・ストロートマン(ローマ)が退場して数的不利に陥ったのだから、「オランダもここまでか」と思われた。だが、69分にショートカウンターからFWアリエン・ロッベン(バイエルン)がこの日初めてビッグチャンスを迎えるのだから、サッカーは面白い。しかし、ゴール前でフリーになったロッベンのヘディングシュートはコースが定まらず、CBサミュエル・ユムティティ(バルセロナ)にクリアされてしまった。

 するとここから、フランスの「ゴールショー」が始まる。73分にはクロスのこぼれ球からMFトマ・レマル(モナコ)が強烈なボレーシュートを決めて2-0。さらにレマルは88分にも高速カウンターからグリーズマンのクロスを押し込み、この日2ゴール目を奪う。さらには90分、今度は途中出場のFWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)がまるでダンスを踊るようにドリブルしながら攻め入り、シディベのクロスを自身で蹴り込んでオランダにトドメを刺した。

 オランダの凋落はユーロ2016の予選敗退から続いているが、フランスも6月9日のスウェーデン戦を1-2で落としてしまい、国内ではやや焦りの声も出始めていたという。しかし、オランダ戦のフランスは圧巻としか言いようのないパフォーマンスを見せ、スウェーデン戦で痛恨のミスを犯したGKウーゴ・ロリス(トッテナム・ホットスパー)の守備機会もほとんどなかった。

 フランスの強さは「3チーム作れる層の厚さにある」と、オランダの専門誌では分析されている。たとえばオランダ戦の先発メンバーを「Aチーム」としよう。フランスの主戦システムは4-2-3-1だが、オランダ戦ではディディエ・デシャン監督の言葉を借りると「4-4-2」だった。

[Aチーム]
GKウーゴ・ロリス(トッテナム・ホットスパー)/DFジブリル・シディベ(モナコ)、ローラン・コシールニー(アーセナル)、サミュエル・ユムティティ(バルセロナ)、レイヴァン・クルザワ(パリ・サンジェルマン)/MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、エンゴロ・カンテ(チェルシー)、キングスレイ・コマン(バイエルン)、トマ・レマル(モナコ)/FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)、オリヴィエ・ジルー(アーセナル)

 次に、この日の控えメンバーと、今回未召集のメンバー(※)で「Bチーム」を作っても、オランダに勝てそうだ。

[Bチーム]
GKアルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)/DFクリストフ・ジャレ(ニース)、ラファエル・ヴァランレアル・マドリード※)、プレスネス・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)、リュカ・ディニュ(バルセロナ)/MFブレーズ・マテュイディ(ユベントス)、ティエムエ・バカヨコ(チェルシー※)、ナビル・フェキル(リヨン)、アドリアン・ラビオ(パリ・サンジェルマン)/FWアレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)

 そして、さらに残った選手で「Cチーム」を作るとこうなる。

[Cチーム]
GKスティーヴ・マンダンダ(マルセイユ)/DFクル・ズマ(ストーク・シティ)、アイメリク・ラポルテ(アスレティック・ビルバオ※)、エリアカン・マンガラ(マンチェスター・シティ※)、バンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ※)/MFコランタン・トリッソ(バイエルン※)、モルガン・シュネデルラン(エバートン※)、ムサ・シソコ(トッテナム・ホットスパー※)、ディミトリ・パイエ(マルセイユ※)/FWウスマン・デンベレ(バルセロナ※)、アントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド※)

 たしかに、3チーム作れる選手層の厚さである。

 一方、オランダはともに33歳となったロッベンとスナイデルを先発させ、およそ2年ぶりに招集した34歳のFWロビン・ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)をスーパーサブとしてピッチに入れないといけない始末。この日の2度目のビッグチャンスはファン・ペルシーがお膳立てし、ロッベンのシュートがバーに嫌われたものだった。いまだにオランダはチャンスメイクをベテランの力に頼ってしまっている。

 この大敗により、オランダは欧州予選A組で4位に後退した。ロシアへの道は霞(かす)むばかりだ。だが、それでもオランダの首の皮は何とかつながっている。オランダの残り試合はブルガリア戦(9月3日/ホーム)、ベラルーシ戦(10月7日/アウェー)、スウェーデン戦(10月10日/ホーム)の3試合。スウェーデン(2位)とブルガリア(3位)との直接対決を残しており、ロシア行きの可能性をかろうじて残した。

「この試合のことは早く忘れないと」

 スナイデルは試合後にそう言って、気持ちを切り替えることをチームメイトに促していた。

■海外サッカー 記事一覧>>