予選突破に迫るベルギー代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間3日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選の試合で、欧州からは初となる予選突破チームが確定するかもしれない。

 欧州予選のグループステージは各グループとも10試合中7試合を戦い終えたが、まだ予選突破を決めるチームは出てきていない。3日にはグループA、B、H、4日にはグループC、E、F、5日にはグループD、G、Iの第8節の試合が行われる。

 3日の試合では、グループH首位に立つベルギーに予選突破確定の可能性がある。アウェイで2位ギリシャとの直接対決を迎えるベルギーは、勝てば2大会連続13回目の本大会出場が決定、引き分けでも得失点差により突破はほぼ確実な状況となる。

 続いて4日の試合では、グループCのドイツが17大会連続19回目の出場を決めるチャンス。ここまで7戦全勝のドイツがホームでノルウェーに勝った上で、2位の北アイルランドが3位チェコと引き分け以下ならドイツの突破が決まる。

 今週の試合で予選突破を決められる可能性があるのはベルギーとドイツのみ。残りの突破国とプレーオフ進出国は、10月に行われるグループ最後の2試合で決定する。その後、各グループの2位チームのうち成績上位8チームによるプレーオフが行われる。

text by 編集部