ブリザック史上最高の氷上性能と静粛性を誇るスタッドレスタイヤ

写真拡大

ブリヂストンは、ブリザック史上最高の氷上性能と優れた摩耗ライフ性能、静粛性を叶えた「BLIZZAK VRX2(ブリザック ヴイアールエックスツー)」を2017年9月1日に発売する。

装着初期から高い氷上性能を確保

ゴム内の気泡と太い水路で、すべりの原因となる氷上の「水膜」を取り除く独自技術「発泡ゴム」が進化した「アクティブ発泡ゴム2」を搭載。除水後の氷路面で優れたグリップ力を発揮してくれるという。同社の超微細技術「ナノプロテック」を活用し、ゴムのグリップ力を左右するポリマーにより多くの「摩擦力向上剤」を結合させることによって、従来よりもトレッドゴムの粘りをアップし、ブレーキ性能を向上させた。

また、氷路面でのグリップ力を最大限に発揮させるため、新たに「非対称パタン」を採用。路面とゴムの接地面積を最大化させた。さらに、微細な凹凸をトレッド表面に施す「マイクロテクスチャー」により、装着初期から高い氷上性能を確保している。

その他、溝・サイプをさまざまな角度でレイアウトし、空気の流れを分散する「マルチアングルグルーブ」と、「アクティブ発泡ゴム2」の吸音機能を組み合わせることによって、従来品より騒音エネルギーを31%(1.6dBA)低減することに成功。また、ブロック剛性をアップさせ、走行時における変形を抑えることで、路面にブロックが引きずられにくくなった。

全109サイズをラインアップ、価格は9018円(税込)〜9万504円(同)。