ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OPで16強進出、順当なら準決勝で激突へ…米紙「着実に運命の瞬間近づいている」

 テニスの全米オープンは2日(日本時間3日)、男子シングルス3回戦で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同3位のロジャー・フェデラー(スイス)がそろって16強進出を決めた。故障者で欠場が相次いでいた今大会で順当な勝ち上がりを演じ、準決勝で対決する可能性がある両雄について、米地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「着実に運命の瞬間へ近づいている」と大注目している。

 ナダルは同59位のレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)に3-1で逆転勝ち。体勢を崩されながら左手一本で強烈ストレートを炸裂させ、その模様が大会公式ツイッターで紹介されると「獣のようなショット」「こんなショットできるのはナダルだけ」と世界のファンから称賛するなど、鮮烈なインパクトを残していた。

 一方、フェデラーはフェリシアーノ・ロペス(スペイン)に3-0でストレート勝ち。危なげなく、16強進出を決めていた。「ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルは着実に運命の瞬間へ近づいている」と報じた記事では「彼らは互いに引き寄せられる」と評し、順当にいけば準決勝で相まみえることを伝えている。

 ナダルは接戦となったメイヤー戦について「このような試合は必要だ。接戦を演じる機会を今持てることは、自分の調子を上げていくことにもつながる。僕の目標はこの大会で2週間を過ごすこと。それが最も大事なことだ」と話したといい、記事では要所で勝負強さを発揮し、調子は順調に上向いていると分析している。

ナダルは大会前に「対戦したくない」発言も…実現なら今大会の事実上の決勝?

 対してフェデラーはロペス戦に完勝。「僕はいつもここでプレーできることに誇りを感じながらプレーしている。普段通り、調子もバッチリさ」と余裕の振る舞いを示しているという。

 今大会はノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マレー(英国)、錦織圭(日清食品)ら世界ランクトップ11のうち、5選手が故障を理由に欠場。記事では「残されている主役はフェデラーとナダルの二大巨頭だ」と表現している。

 ナダルは「正直に言えば、フェデラーとは対戦したくはない」と大会前に語っていたというが、「両者ともに上々の仕上がりを示しており、事故が起きなければ、必然的に彼らが同じコートに立つことになるだろう」と予測している。

 ナダルは今季の全仏オープンを制したが、当時、フェデラーは休養中。対照的にフェデラーが出場した全豪オープン、ウィンブルドンはともに戴冠を許している。記事では「ナダルにとっては、この大会でフェデラーを直接押しのけて優勝することは、これまでとは意味合いが異なってくるはずだ」としている。

 果たして、両雄の激突はセミファイナルで実現するのか。もし、実現したならば、それは今大会の事実上の決勝となるのかもしれない。