「パンコントマテ」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:足立由美子 撮影:野口健志

写真拡大

スペインのおつまみとして人気のタパス。色とりどりの食材を使ったタパスは手軽に作れる上に見た目が華やかなので、宅飲み料理にもぴったりです。今回はそんなタパス風おつまみ5選をご紹介。さまざまなタパスにチャレンジしてバル気分に楽しんでみてはいかが?

「コンビーフ入りスペインオムレツ」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:沼口ゆき 撮影:石川美香

■ 【パンコントマテ】(177Kcal、塩分0.8g)

<材料・4人分>

パルミジャーノ・レッジャーノなど好みのハードチーズ 適宜、にんにくの薄切りの薄切りのみじん切り 大さじ2、トマト 大1/2個、バゲット(1cm厚さの輪切り) 8切れ、サラダ油、塩

<作り方>

1. 小さめのフライパンににんにく、油大さじ3を入れて火にかける。にんにくが色づいたら火を止める。

2. トマトは8等分のくし形切りにし、チーズは皮むき器で薄く削る。バゲットはオーブントースターでカリッと焼く。

3. パン1切れに、トマト1切れの断面をこすりつけ、指先で潰してそのままのせる。残りも同様にし、塩少々をふり、チーズを1/8量ずつのせる。器に盛り、1を等分してのせる。

“パンとトマト”という意味の「パンコントマテ」はスペイン・カタルーニャ地方で人気のシンプルな料理。タパスとしてはもちろんスナックとしても楽しめるので、小腹がすいたときにもおすすめです。

■ 【コンビーフ入りスペインオムレツ】

コンビーフを使ったボリューム満点の1品です。焦がしじょうゆでこうばしく仕上げましょう。

■ 【たことトマトのスペイン風サラダ】

あつあつのオイルをジューッとかければ食欲が刺激されること間違いなし! たこの甘みとトマトの酸みが相性抜群です。

■ 【オクラのピンチョス】

ピンチョスは楊枝などの串で食材を刺して提供するスペイン料理の定番です。軽く焼いたバケットといっしょに召しあがれ。

■ 【いかの半生アヒージョ】

夏から秋はするめいか、冬から春にかけてはやりいかが旬。オリーブ油でさっと煮るだけなのでいか本来のうまみが味わえます。

色鮮やかなタパスを作るなら見た目にもこだわりを。スプーンに小分けに盛りつけたり、ピンチョス用の楊枝に飾りをつけてみるのもおしゃれですよ。