YOSHIKI、ディナーショーが閉幕。至近距離でパフォーマンス

写真拡大

YOSHIKIのプレミアムディナーショー<EVENING WITH YOSHIKI 2017 IN NAGOYA & OSAKA & TOKYO JAPAN>が、 9月2日(土) グランドハイアット東京にて最終日を迎えた。

◆ディナーショー画像

このディナーショーには、初開催となった名古屋を皮切りに、 大阪、 東京で全7回にわたり行われ3,500名が来場した。手の届く距離でYOSHIKIのパフォーマンスを堪能できる年に一度の機会に、 チケットは発売開始と共に例年通り申し込みが殺到。 東京最終日にはブレックファストショーが追加されたにも関わらず そのチケットも即完売するほどで、 年々競争率は上がっている。 そしてついに迎えたファイナル公演。会場となったグランドボールルームは日本のホテル初という2,400個のペンダントライトLEDが光り輝き、 2カ月かけて大幅に大改装されたのち、 YOSHIKIのディナーショーで初お目見えする事となった。 来場客約500人を前に、 ライブは約3時間半に及び行われた。

会場の入り口では、ピアノに座るYOSHIKIと、YOSHIKIが日本人男性として初めて表紙を飾った『VOGUE JAPAN』の表紙が巨大なパネルとなって飾られており、それとともにライトアップされたドラムセットとクリスタルピアノが出迎えてくれる。 また、薔薇で彩られた美しいテーブルには本人監修のこだわりの食事メニューが並ぶ。さらに手土産としてYOSHIKIオリジナルワインと限定グッズが用意されていた。華やかな会場には米国エージェントや芸能関係者、また桃井かおりをはじめとする国際的セレブリティに加え、米・英の元駐在大使などの文化人のゲスト達、さらに大阪公演では京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授、東京公演の初日には白鵬関も来場するなど 国内外問わず多方面からVIPゲストの面々が集い、世界を股に掛け活動するYOSHIKIならではの国際色豊かな会場であった。

解散ライブのラストに演奏された「THE LAST SONG」から始まったショーは、 「Forever Love」「Without You」また映画「WE ARE X」の主題歌『La Venus』など X JAPANを代表する名曲たちが披露される。さらに第69回ゴールデングローブ賞テーマ曲「Golden Globe」、 2005年日本国際博覧会「愛・地球博」公式イメージソング「I’ll Be Your Love」、 天皇陛下御即位10年奉祝曲 「Anniversary」等、 YOSHIKIが手掛けたスケールの大きな楽曲たちが、 ストリングスと 海外から来日したゲストボーカリストのアシュリー・ナイト、 ケイティ・フィッツジェラルドと共に演奏された。リクエストコーナーでは「Silent Jealousy」や「X」なども披露され、 ショーの最後は美しく輝くミラーボールの光の中で「ENDLESS RAIN 」の大合唱。 全16曲の演奏でファイナル公演は幕を閉じた。

また、 ショーの中では煌びやかなYOSHIKIMONOを身にまとったモデルたちのファッションショーや、yoshikittyの登場、またYOSHIKIが突如客席にあらわれ、場内が大きな悲鳴に包まれるサプライズの一幕などもあり、 演奏パフォーマンスのみならず目が離せない演出が続く。そしてYOSHIKI自身「お客さんの声が全部聞き取れる。 」とMCで話す通り、 このディナーショーの醍醐味は何と言っても至近距離でのコミュニケーションだ。 すぐそこにお客さんがいる風景は、 本人にとっても新鮮なようだ。

さらに、 今年のチャリティーオークションは、 最終日の5点含め、 7公演のディナーショーで計26点のアイテムが出品され落札総額は実に41,590,000円。 本人の私物や撮影時に実際着用された衣装など今年もお宝アイテムが続出し、 場内が熱気に包まれるほどの白熱ぶりだった。ハリケーンで洪水被害に見舞われたテキサス州への寄付の表明が、先日ニュースになったばかりのYOSHIKIだが、今回のチャリティーオークションでの落札額も、今後様々な形で自身が運営する米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて寄付される。

未だ術後の首の痛みが続く中、 各地公演にドクターを帯同し 体を気遣いながら行った今年のディナーショー。 痛みを抱えながらも、それでも「壊さなくてはいけない壁がある。 」と、前に進み続けるYOSHIKIは「EVENING WITH YOSHIKI 2017」を終えた後も間髪入れずに、 ドキュメンタリー映画「WE ARE X」のプロモーションでヨーロッパ各地を訪問する予定になっており、 息つく間もなく、 再び世界各国を移動する日々が始まる。 「人生とは、いかに素敵な思い出が自分の心に刻めるか」。このディナーショーが、 ファンの皆さんにとってその素敵な思い出のひとつになってくれればと願い7公演を完走したYOSHIKIは、ふたたび分刻みで国から国へと飛び回る毎日に戻っていく。

セットリスト
1 AMETHYST(STRINGS)
2 THE LAST SONG
3 FOREVER LOVE
4 GOLDEN GLOBE
5 HERO
6 HELLO KITTY THEME
7 ANNIVERSARY
8 SWAN LAKE
9 LONGING
10 I’LL BE YOUR LOVE
11 LA VENUS
12 KURENAI
13 MIRACLE
14 WITHOUT YOU
15 ART OF LIFE
16 ENDLESS RAIN