モウリーニョ監督がGKデビュー! パンチングや横っ飛び姿披露、警告も受け存在感

写真拡大

チャリティーマッチ開催、「チーム・シアラー」の一員としてGKでサプライズ出場

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今年6月にロンドンのグレンフェル・タワーでの大規模火災の犠牲者のために開催されたチャリティーマッチに出場し、GKとしてプレーした。

「ゲーム4グレンフェル・チャリティーマッチ」は現地時間2日にイングランドのクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)の本拠地ロフタス・ロードで行われた。元イングランド代表FWレス・ファーディナンド氏の率いる「チーム・ファーディナンド」と、同アラン・シアラー氏率いる「チーム・シアラー」が対戦。そして後半途中に、2-1でリードした「チーム・シアラー」のGKとしてモウリーニョ監督が途中出場するサプライズがあった。

 モウリーニョ監督は相手のクロスボールに飛び出してパンチングや横っ飛びなど積極的なプレーを披露。セットプレーの再開を遅らせたことで遅延行為のイエローカードをもらうなど、試合を盛り上げるさすがの存在感を見せた。しかし、後半31分には果敢な飛び出しでシュートブロックに行ったところをパスでかわされ、失点する場面もあった。

 試合は2-2のままPK戦に突入。モウリーニョ監督は3人目のキッカーとして登場し、右足のシュートをゴール右に蹴って成功させた。しかし、GKの守備では途中からグローブを取って素手でプレーする奇策に出たが、結局1本もセーブすることはできず、PKスコア5-3で「チーム・ファーディナンド」が勝利を収めた。

英国やスペインのメディアも大きく報道

 英公共放送「BBC」は「ジョゼ・モウリーニョは滅多に見せない技術をピッチで披露した」とポルトガル人名将の貴重なプレーを伝えている。またスペイン紙「マルカ」は、モウリーニョがチャリティーマッチでゴールキーパーデビュー。ベンチに座ったままよりも良かった」とジョークを交えて報じた。

 普段はベンチから鋭い視線をピッチに向けている指揮官も、チャリティーマッチでは笑顔を浮かべてプレーし、スタジアムの観衆を沸かせた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】チャリティーマッチにサプライズ登場した“GKモウリーニョ”が大奮闘

https://twitter.com/goalbiencom/status/904025144330477568

GoalBienが公式ツイッターで紹介した“GKモウリーニョ”の登場シーン

https://twitter.com/tdn_twit/status/904021264242810880

TDNが公式ツイッターで紹介したモウリーニョの飛び出し&失点シーン