「世界制服 セカイセイフク」でMCを務める、乃木坂46・西野七瀬/撮影=龍田浩之

写真拡大

NHK Eテレにて、9月4日(月)と11日(月)に放送される「世界制服 セカイセイフク」(両日共に夜11:00-11:30)の収録が行われ、乃木坂46・西野七瀬がキャビンアテンダント(CA)姿を披露した。

【写真を見る】西野七瀬がCA姿を披露で照れ笑い!/撮影=龍田浩之

同番組は世界中の制服から、その秘められた歴史や機能をひも解いていくというもの。MCを務める西野は“ワン様”と呼ばれ、大きな犬の耳の付いた、メルヘンチックな衣装で進行役を務める。

この“ワン様”の衣装で現れた際にも、スタジオで待機していたスタッフからは「まさかと思うほど、かわいい…」と見とれる声が上がっていた。

続いて、西野はCAの格好で登場。ファッションモデルを務めているとあって、上品で美しく見えるようデザインされたという本物のCAの制服も、完璧に着こなす。

そして現職のCAからスカーフの巻き方の一種「バラ巻き」をレクチャーされた西野は、実際に首に巻いてもらうと、「うれしい」と照れ笑いを浮かべていた。

西野がCA姿で出演するのは、9月4日(月)の放送。「空の制服」と題して客室乗務員の制服を特集し、ファッションの聖地・フランスの航空会社の制服や、あでやかな民族衣装が特徴的なシンガポールの航空会社を紹介する。

また、9月11日(月)放送回のテーマは「学校の制服」。優秀な生徒が一目で分かるようになっているオーストラリアの制服や、宗教によって進化したアジアの制服に注目する。

スタジオには、「どういう向きでかぶるの?」と西野も真剣なまなざしを向けていた、フランスのエリート校の制服も登場する。