オナニーのしすぎはハゲる? 水道水は髪に悪い?――薄毛の噂 ウソ・ホント

写真拡大

40代の半数以上が悩みを抱えているという「薄毛問題」。皆が気にするハゲに関する噂の大半は、真偽定かではないものばかりだ。一体何が正しいのか? そこで、脇坂クリニック大阪の院長・脇坂長興氏に伺い、都市伝説的な噂の真実を明らかにしてみた。

◆筋トレしすぎるとハゲやすい? ハゲ・薄毛の噂の真実

Q1:オナニーしすぎるとハゲが進行する(オナ禁すれば髪が伸びるスピードが速くなる)

A1:△
自慰行為によってテストステロンが分泌されるのは事実。テストステロンが薄毛の原因であるDHTに変化しやすい人、DHTへの感受性が高い人は進行を早めることも

Q2:ロン毛のほうがハゲやすい

A2:×
ロン毛だからといってハゲることはない。しかし洗髪したり、櫛を入れて手入れする際に毛が引っかかって抜ける、切れるリスクは短髪の人より高いのは事実

Q3:筋トレしすぎるとハゲる

A3:△
1週間に2回、30分以上のトレーニングで男性ホルモン値が10%上がるというデータがあり、自慰行為と同様もともと薄くなる体質の人は進行が早まる可能性がある

◆水道水はNG? ハゲ・薄毛の噂の真実

Q4:トリートメントしすぎるとハゲる

A4:×
ヘアトリートメント自体が薄毛を促進させることはまずない。しかしすすぎが不十分でトリートメントが頭皮に残ってしまうと炎症の原因になり頭皮環境を悪化させる

Q5:糖質制限ダイエットは髪によくない

A5:◯
糖質の摂取と薄毛に関連性はないものの、当然のことながら過度な制限やダイエットは髪を育むために必要な栄養素が行き渡らなくなり、決してよくはない

Q6:水道水の塩素は薄毛の原因になる

A6:×
塩素そのものがAGAの原因になることはまずないが、過剰に頭皮に残ると髪を傷めることがあるのは事実。とはいえ、水道水程度なら気にする必要はない

【脇坂長興氏】
「脇坂クリニック大阪」院長。’62年生まれ。医学博士。頭髪専門の医療機関が増える前の’00年に脇坂クリニック大阪を開院。抜け毛予防から発毛治療など最先端の医療を提供する

取材・文/加藤カジカ 大格宗一郎(本誌) 撮影/スギゾー(イメージカット) アンケート協力/リサーチプラス
― 最速で毛を増やす方法 ―