使うほどに味が出る、「リモワ」のケースの魅力

写真拡大 (全2枚)

持ち物にはその人の品格が出る。良いものには理由があるのだー。

ファッションディレクターの森岡 弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る連載。第6回は、頑丈なリモワのスーツケースをピックアップ。

小暮昌弘(以下、小暮):リモワのスーツケースに関しては、我々は、ずいぶんと昔から愛用してきましたね。

森岡 弘(以下、森岡):30年? 少なくとも25年前にはリモワを使っていましたよ。

小暮:我々が所属した雑誌では、編集者がスタイリストを兼ねていたので、洋服などを入れるケースとして、編集部で購入したんですよね。

森岡:あのころ、海外ロケの荷物が多くて、オーバーチャージが悩みのタネでした。それで東京にある旅行専門店で探してきたんだと記憶しています。まだリモワのケースを使っている人はほとんどいない、そんな時代でした。

小暮:それまで使っていたケースに比べると、とても軽かったのをよく覚えています。リモワは1898年にドイツで創業。最初は木製などで堅牢なケースをつくっていたんですが、1930年代にはすでにアルミニウム製のトランクケースを発売しています。我々が使っていたのは、1950年に発売されたグルーヴ加工を施したアルミニウム製のスーツケース。当時ではかなりハイテクな匂いもしました。

森岡:あのケースにたくさん洋服を入れましたね。パンパンになるまで服をたくさん詰めました。その収納力も魅力でしたが、丈夫さも格別でした。スーツケースは丈夫なものは重いのが当たり前です。それがリモワは軽いんです。トランクは航空会社に預け入れるものですので、旅行に出かけると、多少のカスリ傷は付きものです。しかし「このトランクは、傷は付くけれど、壊れることはないね」と編集スタッフがみんな言っていました。

小暮:我々の使い方がそうとう荒かったと思いますが、外装に入ったカスリ傷も旅や仕事のいい思い出のようなものですからね。

森岡:だから僕は、リモワはジーンズやデニム素材と同じだと考えています。デニムは、使い込んでいくうちに生地のアタリが”味”になるでしょう。このリモワも同じです。アルミニウムに入ったカスリ傷や航空会社のシールの跡など、それが”味”となり、このケースに個性を与え、愛着がさらにわくのです。

小暮:あのグルーヴ加工は、伝説的な航空機ユンカースをヒントに考案されたと聞きますが、機能性を求めて考案された素材、ディテールがプロダクトとして完成され、永遠のデザインに。これはジーンズと似ています。

森岡:リモワは年齢も性別も流行も超えて愛用されているところも、ジーンズ、デニムと似ている点でしょう。

小暮:さらに言えば、リモワはスーツケースのブランドが、ラグジュアリー化に成功した好例だと思いますよ。

森岡:そうなんですよ。所有欲を満たしてくれる。だから女性にも人気。アルミニウム製のモデルは、男性が好きな要素が入ったケースだと思いますが、女性が所有してもカッコいい。クルマでいえば、マセラティを運転する女性に似ていると思います。使っている人に「コイツ、そうとうスゴイな、よくわかっているな」と思わせる性能と佇まいがある。

小暮:2000年に発売された、ポリカーボネート素材の「サルサ」ではいろいろなカラーを生み出して、完全にファッションアイテムに。あれで女性の愛用者も一挙に増えました。

森岡:この「ビジネス マルチホイール」はホイール付きでは最小サイズで、航空機内に持ち込みができます。中の収納が蛇腹式になっていて、書類をストレスなく持ち運べます。

小暮:ビジネスマンの持ち運ぶガジェットや書類は増える一方なので、これはいいですね。パソコンケースまで付いていますね。丈夫なので、安心して収納できる点もうれしい。

森岡:このサイズは、海外旅行だけでなく、国内出張でも使えますよ。スマホを頻繁に使うので、こうした自立できるトランクケースはとても便利ですね。

小暮:どうしてもビジネスマンは黒っぽいバッグを持ちがちですが、日常づかいにアルミニウムのバッグを持つのもいいですね。

森岡:そうですよ。マセラティと同じで、所有欲を満足させてくれるケースです、絶対に。


森岡 弘(左)◎『メンズクラブ』にてファッションエディターの修業を積んだ後、1996年に独立。株式会社グローブを設立し、広告、雑誌、タレント、文化人、政治家、実業家などのスタイリングを行う。ファッションを中心に活躍の場を広げ現在に至る。

小暮昌弘(右)◎1957年生まれ。埼玉県出身。法政大学卒業。1982年、株式会社婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。83年から『メンズクラブ』編集部へ。2006年から07年まで『メンズクラブ』編集長。09年よりフリーランスの編集者に。