日常生活と言えど、油断しているとどんな危険が潜んでいるかわかりません。

海外掲示板に「こればかりは気を付けたほうがいい、ふざけないほうがいいものはありますか?」という質問の投稿がありました。

回答を抜粋してご紹介します。

 

What should you not fuck with?

●カバだよ。死ぬよ。
(参照:こんなにかわいいのに本当は恐ろしい6種の動物)

↑ワニと戦ったり、危険な動物を怒らせたりして生活をしている男が、最も怖い瞬間はカバのいる河をボートで通るときだと語っていた。

●電気。みんな周囲に常に流れているものだと安心しきっているが、ちょっとした失敗で1秒も経たずに簡単に殺される。

↑IT関係の仕事をしている。ときどき雇用者が電気を扱う仕事を依頼してくるが、「私は電気のことをよく知らないと言えるくらいには、電気のことを知ってます」と答えている。

●IRS(アメリカ連邦政府の税を徴収・執行する機関)。彼らはアル・カポネを捕まえたんだ。誰だって捕まえるさ。

●ガレージのシャッターのスプリング。

↑自分はそれが一番の恐怖だよ。父親が「このばねが壊れると多分死ぬ」と父親に言われてからね。

●噛みつく亀。

●動く水。水は重いんだ。人々が思っているよりずっと重い。

●カリフラワー耳(ギョウザ耳)を持った男。(格闘家に多い)

●武器。正しい扱い方や保存の仕方を知らないならね。

●道路で子連れのヘラジカ。

●顔にタトゥーのある人。

●食べ物を用意してくれる人。

●空港のセキュリティ。

●白鳥。気性が激しくて悪魔だよ。

↑ガチョウもだよ。

●旅行をしているときは、地元の人。

●戦争。

●ひとつだけを選ぶなら「自然」。

●起きたての人。

●オーストラリアで動くもの何でも。

●コーナーに座るとても静かな人。


危険と思われにくいものでも、気を付けなくてはいけないものは結構あるものですね。

【「これだけは気を付けた方がいい、油断しないほうがいい…というものは何?」知っておくべき体験談いろいろ】を全て見る