「最悪」 本田圭佑がサウジ戦前に社会派ツイートで持論 「子供を引き取りにいったら…」

写真拡大

5日のサウジアラビア戦前に自身のツイッターで社会問題に言及

 日本代表FW本田圭佑(パチューカ)が3日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選、敵地サウジアラビア戦を5日に控えるなか、自身のツイッターで子供が路上などに遺棄される社会問題について言及した。

 6大会連続6回目のW杯出場を決めた8月31日のオーストラリア戦で、本田はベンチから戦況を見つめ、最後まで出番は訪れず。2013年6月、同じく埼玉スタジアムでオーストラリアと激突し、0-1と日本ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムにPKを沈め、日本をW杯出場へと導く活躍を披露したが、それから4年で自身の立場は大きく変化した。

 それでも先日のオーストラリア戦では、主審の判定に対してバヒド・ハリルホジッチ監督らとともに猛抗議するなどチームのために尽くし、虎視眈々と復権を狙っている。そんな本田がサウジアラビア戦の前にツイートしたのは、サッカーではなく、社会問題についてだった。

 子供が路上に置き捨てにされるというニュースを張り付けたうえで、本田は次のように持論を明かしている。

「最悪。母親も父親も周りの家族にも全員に責任があるし、何よりも母親は後悔してるはず。これ、勇気出して子供を引き取りにいったら母親って捕まるんかな?それやったら根本的な問題が解決しないし、意味ないよね」

反響呼び、コメント欄で本田がやり取り

 このツイートはすぐさま反響を呼び、コメント欄に多くの人からメッセージが届いた。本田も「僕もそう思います」や「母親手当を1人目の子供からかなり充実させるべきなんですよ。もちろんどう徴税するかという課題は簡単ではないですが」と返信するなどやり取りを見せている。

 本田はこれまでに受動喫煙防止法案などにも言及。若者の自殺数増加に関して触れた際には賛否両論が巻き起こり、改めて公式サイトで「言葉足らずで本意が伝わっていないのと、繊細な内容であるのに配慮に欠けた部分があると自覚し反省して、ここで想いを共有したい」と補足することもあったが、本田のツイートによってその事象の注目度が一層高まったという側面もある。

 サッカーはもちろん、ビジネスから社会問題まで多岐にわたって持論を展開してきた本田は、今度どのようなメッセージを届けるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

本田が公式ツイッターに投稿したメッセージ

https://twitter.com/kskgroup2017/status/904192029378445312

本田が公式ツイッターに投稿したメッセージ