「その胸を揉みたいぜ」ルーニー、29歳OLと浮気中だった…奥さん激怒か

写真拡大

『Daily Mail』は2日、「元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、ローラ・シンプソンという女性と浮気していた」と報じた。

先日、ルーニーがチェシャーの自宅近くで飲酒運転をしたことによって検挙され、世界中で大きな話題になった。

しかし、その事件は更に後を引くことになりそうだ。検挙された際、その車にはローラ・シンプソンという29歳のOLが同乗していたとのことだ。

彼女は取材に対して「ルーニーと遊んだ」と暴露し、彼は自分の胸に夢中だったとも明かしたという。

なお、彼女とルーニーは友人らと共にBubble Roomというバーで出会い、その後Symposiumという2軒目に移ってから親交を深めていったとのこと。

ローラ・シンプソン

「私は、ルーニーに自分の車を運転することを許したわ。黒いソフトトップのビートルをね。私は運転するにはあまりにもお酒を飲んでいたから。

彼と夜を過ごすつもりだったか?そうね。おそらくね。私たちはそれを真剣に話してはいなかったけれど。

二人とも、周りから覗いているすべての目から離れたいと思っていたの」

「大きなグループがあって、そこでお酒を飲んでいた。ルーニーは私の胸を賞賛し続けていたわ。『オレはそいつを揉みたいぜ』と言っていた。

私は独身だし、幾つかの楽しみは許した。心は動かされたけど、尊敬のようなものはなかった。

私は結婚していないから、楽しみがある限りは飲み続けたかったの。

ルーニーとキスをして、ハグをして、幾つかの冗談を交わして、純粋に楽しんだわ」
ローラ・シンプソン

「バーが閉まったあと、ルーニーの仲間が来て言ったわ。『知っているか?ウェインは君のような子が好きなんだ。君と何処かに行きたがっているぞ』と。

私は『ええ、OKよ』と言ったわ。外でタクシーを待っているルーニーと会うように言われた。それが午前1時15分ごろ。

タクシーの行き先を変えて、友人の家に行ったわ。そこには私の車が置いてあった。そこまでは5分位だったわね。お金はルーニーが支払った。

家の中には入らなかったけど、夜の街をドライブすることに決めた。どこに行くのかはわからなかったけど」

「ルーニーは安全だと感じていたわ。運転は問題なかった。10〜15分道を走ったところで、警察のライトが光ったことを感じて、ルーニーは速度を落とした。スピード違反ではなかったわ。道の横に車を止めた。

二人の警官が出てきた。私には、ルーニーが本当に心配しているように見えた。

彼は『ごめん、ごめん。君は大丈夫だから。僕は出ていくよ』と言った。

改めて考えれば、彼が車を運転したのは愚かだったわ。限界を超えていたのならね。馬鹿げているわ」

なお、ルーニーの仲間とはかつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたウェズ・ブラウンとフィル・バーズリーの弟であったとのこと。

この行為に対してルーニーの妻であるコリーンは怒りを覚えており、『The SUN』によれば「最終的な警告」を彼に突きつけたという。