シングルスは守屋友里加が2連覇、ダブルスは緒方葉台子/長谷川茉美が優勝 [第71回中国テニス選手権/女子]

写真拡大 (全3枚)

「第71回 YMFGやまぎん 中国テニス選手権」(山口県周南市・キリンビバレッジ周南庭球場/本戦8月29日〜9月3日/賞金総額:男女各100万円/屋外砂入り人工芝コート)が開催され、女子シングルス決勝は第1シードの守屋友里加(テニスユニバース)が第6シードの北山由佳(テニスユニバース)を6-2 6-2で破り、大会連覇を果たした。

 女子ダブルス決勝は、ノーシードから勝ち上がってきた緒方葉台子(グラスコート佐賀テニスクラブ)/長谷川茉美(伊予銀行)が第1シードの入江真子/川床芙実(ともにリコー)を2-6 6-3 [10-8]で倒してタイトルを獲得した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Ret.は途中棄権

◇   ◇   ◇

【女子シングルス決勝】

○1守屋友里加(テニスユニバース)[1] 6-2 6-2 ●49北山由佳(テニスユニバース)[6]

------------

【女子シングルス準決勝】

○1守屋友里加(テニスユニバース)[1] 6-3 Ret. ●17小林真理香(フリー)[4]

○49北山由佳(テニスユニバース)[6] 6-4 3-6 6-2 ●33森本凪咲(PLUS LIST)[7]

------------

【女子シングルス準々決勝】

○1守屋友里加(テニスユニバース)[1] 6-4 6-2 ●9カジュール アンジュ(橋本総業ホールディングス)[10]

○17小林真理香(フリー)[4] 6-4 6-3 ●29入江真子(リコー)

○33森本凪咲(PLUS LIST)[7] 6-7(2) 6-2 6-2 ●48長谷川茉美(伊予銀行)[3]

○49北山由佳(テニスユニバース)[6] 6-3 2-6 6-2 ●57樋口由佳(日本体育施設)[16]

------------------------

【女子ダブルス決勝】

○10緒方葉台子/長谷川茉美(グラスコート佐賀テニスクラブ/伊予銀行)2-6 6-3 [10-8] ●1入江真子/川床芙実(リコー)[1]

------------

【女子ダブルス準決勝】

○1入江真子/川床芙実(リコー)[1] 6-1 3-6 [10-8] ●5園田彩乃/守屋友里加(自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ/テニスユニバース)[3]

○10緒方葉台子/長谷川茉美(グラスコート佐賀テニスクラブ/伊予銀行)5-7 7-6(5) [10-2] ●16寺見かりん/水沼茉子(ラスタットテニスクラブ/リコー)[2]

テニスマガジン/Tennis Magazine

※トップ写真は女子シングルス優勝の守屋友里加(左)と準優勝の北山由佳(右)
写真提供◎中国テニス協会


(↑)女子ダブルス優勝の緒方葉台子(右)/長谷川茉美


(↑)女子ダブルス準優勝の入江真子(右)/川床芙実

中国テニス協会|公式サイト

第71回YMFGやまぎん中国テニス選手権|JTAプレーヤーゾーン