北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は2日、日本の安倍首相を嘲笑する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「首相の安倍は外相、防衛相と額を集めて、朝鮮の『脅威』に対処した日米間の連帯強化を指示した」とし、「これは自分の能力に及ばない無分別な妄動である」と述べた。

また、「アジア太平洋地域の激化した情勢を悪用して『大東亜共栄圏』の昔の夢をなんとしてもかなえようとするのは、日本反動層の変わりのない野望である」と指摘した。

その上で、「日本が先鋭な地域情勢をせせこましくあおり立てていると、死神に取り付かれて危険な状態に陥りかねない」と主張した。