【速報】北朝鮮が国営放送を通じ、「ICBM搭載用の水爆実験に成功」と発表

北朝鮮の核兵器研究所は9月3日午後、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に完全に成功した」とする声明を発表した。

朝鮮中央テレビは同日午後3時半(日本時間)に発表した重大報道で、朝鮮労働党政治局の常務委員会がこの日午前に開かれ、同会議で核実験の実施を決めたと伝えた。

今回の実験は同日午後0時半頃、北朝鮮で人工的揺れが観測されたと、韓国の連合ニュースが最初に伝えていた。韓国では当初より、北朝鮮による6回目の核実験ではないかとの見方を強めていた。同じ揺れは、中国でも観測されたという。これを受けて韓国大統領府は、北朝鮮による6回目の核実験の可能性があるとして、NSC=国家安全保障会議を開くことを決めた。

連合ニュースによると、韓国軍合同参謀本部は「きょう午後0時36分ごろ、北朝鮮(北東部の咸鏡北道)豊渓里(プンゲリ)一帯で、マグニチュード(M)5.6の人工地震を感知した。核実験かどうかを分析している」と発表していた。

安倍晋三首相は同日午後、北朝鮮で人工的な地震が観測されたことに関し、「核実験を強行したとすれば断じて容認できず、強く抗議しなければならない」と表明。

また菅官房長官は緊急で記者会見を開き、「核実験を行った可能性がある」と明言していた。安倍首相は関係省庁に対し、情報の収集・分析を行い、国民に対し的確な情報を提供するとともに、米国、韓国、中国、ロシアといった関係国と連携するよう指示。

その後、河野太郎外相は、北朝鮮で観測された地震波について「北朝鮮が核実験を行ったと断定した」と述べていた。外務省で記者団に語った。

北朝鮮の核実験発表は実施から3時間後に行われた。(随時更新)

image by: Flickr

 

『MAG2NEWS』公式メールマガジン

各界の専門家や研究家、著名人らが発行する2万誌のメルマガから厳選した情報を毎日お届け。マスメディアには載らない裏情報から、為になる専門ネタまで、最新ニュースが無料で届く!規約に同意してご登録ください。

《登録はこちらから》

出典元:まぐまぐニュース!