スペイン戦大敗の伊代表を母国メディア糾弾 「最悪な存在」の監督が「迷宮入り招いた」

写真拡大

W杯欧州予選、イタリアがスペインに0-3敗戦 選手らに4点台、監督に3点と大酷評

 ワールドカップ(W杯)欧州予選の大一番、スペイン対イタリアは3-0という予想外の大差がつくゲーム展開でスペインが勝利した。

 敗れたイタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、試合後の採点で選手たちには4点台を連発。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督には3点と大酷評を浴びせている。

 試合前の状況からは、勝ち点で並びつつも得失点差で下回る相手との最後の直接対決で、より勝利が必要だったのはイタリアだった。しかし、様子を見るように試合開始から時間が過ぎると、スペインの猛攻を受けて前半13分に早くも陥落。その後も試合の主導権を奪い返せず、得意のカウンターも不発続きで最終的には3点差がついた。

 その原因として大酷評されたのがヴェントゥーラ監督だった。厳しい試合結果でも滅多に見ることがない「3点」という落第点を与えられたうえに、寸評も滅多切りにされた。

「ピッチの中で最悪な存在を指名するなら、疑いようなく彼だ。間違ったプレーモデルのうえに、間違った指示を与える。これはイタリアにとって致命的なコンボとなって襲い掛かった。難しいゲームだったのは確かだが、この監督がさらなる迷宮入りを招いた。残念ながらワールドカップへの道のりはまだ長い時間かかることが決まった」

「大きいゲームの指揮に不安」を露呈

 最終ラインのリーダーであるDFレオナルド・ボヌッチ(ACミラン)など5人に「4点」を与えられたが、全ては監督の選択が大失敗であると糾弾している。この敗戦でスペインとの勝ち点差が3に広がり、1位での本大会行きには残り3試合中、2強状態のグループでスペインの敗戦を期待するという現実味のない状況に陥った。同メディアは、すでに2位でのプレーオフ行きを覚悟している模様だ。

 昨年の欧州選手権では、アントニオ・コンテ監督に率いられてベスト16でスペインに2-0の快勝を収めていた。ベスト8で敗退したものの完成度の高いサッカーは高く評価されたが、コンテ監督はプレミアリーグのチェルシーに去り、後任に指名されたのがヴェントゥーラ監督だった。

 就任当初から「若手の指導と育成には定評があるが、ビッグクラブを率いたこともなく大きいゲームの指揮に不安がある」と評されていたヴェントゥーラ監督だったが、この大一番でその不安要素が露呈してしまった。

 スペイン戦を前に2020年欧州選手権まで契約を延長したことでイタリアサッカー連盟には批判も集まっていたが、この大敗は今後もさらなる議論を呼ぶことになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images