@AUTOCAR

写真拡大 (全10枚)

ランチア・テーマ

残念だがイギリスで売りに出ているクルマはなかった。

フィアット・クロマをベースにフェラーリ製3ℓのV8を詰め込んだ前輪駆動のクルマ。最高の音と、最低のハンドリング。

ボルボ850Rエステート

1996年の850R、フルオリジナルの個体が£4,750(68万円)でみつかった。

253psのボルボなんて、今となってはふつうだが、20年前は興味をそそられた。

そして今、ふたたび気になっているひとが多いことも知っている。

メルセデス・ベンツ450SEL 6.9

1979年の、わずか9万6000kmしか走っていないクルマがある! オプションのベロア内装をまとい、£40,000(571万円)というプライス。

450SEL 6.9はふつうのモデルと特に区別がつかない。しかしエンジンは通常のモデルの2倍もある265psを発生させるV8だ。

フォルクスワーゲン・パサートW8

2002年のパサートは、19万5000km走ったクルマで£4,500(64万円)払えば手に入る。

フォルクスワーゲンは、パサートに4ℓのエンジンを詰め込んだら売れると考えたようだ。しかし「羊の皮をかぶった狼」としては大成しなかった。

ローバー75 V8

約7万8000km走った2004年のMG ZT260サルーンが£8,995(128万円)で買える。

実はマスタングの4.6ℓV8を搭載しているが、だれがそんなこと思い出すのだろうか。アノニマスのお面のようなルックスで259ps。ステルスである。

ジャガーXJR

£12,450(178万円)で11万km走った2006年のXJRを手に入れることができる。

古臭い見た目とは裏腹に、ボンネット下には405psのV8を隠している。アルミニウムのモノコックを使っているので軽量かつ速い。

メルセデス・ベンツ500E

約27万km走った500Eは、メンテナンスがしっかり行き届いているようだ。£14,950(213万円)で手に入れることができる。

5ℓのV8を搭載したこのメルセデス、開発製造はポルシェだった。英国の場合、右ハンドルのモデルがあればもっとヒットを飛ばせていただろうに……。

ジャガーMk.2 3.8

1966年の3.8ℓ、オーバードライブ付きマニュアルのジャガーを見つけた。2008年にレストアが施された個体で、値段は£35,995(514万円)。

この時代のジャガーといえば、根性のない2.4ℓエンジンが主流。そんななか、200km/hを可能にした3.8ℓのエンジンは前代未聞であった。

フォルクスワーゲン・ゴルフR

マニュアルの4万kmしか走っていない個体が£20,995(300万円)で売りに出ている。

GTiの陰に隠れて目立たないが、304psのエンジンをボンネット下に収め、4駆であるゴルフRは、GTiとはまた違ったストーリーを見せつけてくれる。