︎犬の競技会ってなあに?どんなものがあるの?

犬の競技会にはどんな種類があるのでしょうか? 飼い犬が増えている昨今は犬のための大会もかなり増えているようです。
こちらで代表的な大会2種類を見てみましょう!

︎訓練競技会

クラスごとにそれぞれの訓練科目の達成度を競い合い、成績を順位とし表彰をするイベントです。
基本的には、一般家庭犬向けのイベントなので、たくさんの犬種やたくさんの方々が参加することができます。この訓練の科目ごとのポイントなどは各主催団体により異なります。

︎基本の5科目

”撹奸辛海覆卦啾行進

スタート地点で、指導者の横に座りコの字のコースに沿い左側に犬を歩かせます。
折り返し地点でぐるっと回り戻ります。(紐なしの場合は、リードを外して行います。)

停座及び招呼

犬を座らせ、指導者は犬から10メートル離れて向かい合います。
約3秒後に指示を出し犬を自分の元へ呼び正面で一度座らせます。それから、指導者の横に座らせます。

I臥

スタート地点で、指導者の横に座りそこから指示により伏せをし約3秒間待ち、再び横に座らせます。

の止

スタート地点で、指導者の横に座りそこから指示により約3秒間たたせ再び横に座らせます。

と、このようにベーシックなものからスタートさせていくようです。
レベルごとに科目数も増えていくそうです。
また、自由選択科目の中には、お手やおかわり、ハウスなど生活の中で覚えているようなものも科目に含まれているそうですよ。

アジリティー

アジリティーとは指導者と犬がコースにある障害物を時間内にクリアし、その順位を競うものです。
アジリティーは1978年のイギリスで最初に公開されヨーロッパを中心に広まったそうです。

今では、世界選手権も行われており、日本でも競技会の数が増えてきています。
また、アジリティーは犬の大きさに合わせて障害物の高さや長さなど設定が変更されます。
S/M/Lと3つのクラスに分かれます。

︎どんな種類の障害物があるの?

ハードルタイヤ壁ドッグウォークシーソースラロームテーブル

などがあり、その組み合わせで成り立ちます。
コースは約100-200メートルほどで、その中に障害物が20個ほど置かれています。
時間内という規定もありますが、ただ速いだけではダメ。障害物を失敗してしまうと減点となるので、時間と障害物をクリアする正確さが必要になります。

ジャパンケネルクラブ

国内の犬の血統書の発行、公認トリマーや公認訓練士などの公認資格試験の実施や資格発行などを行っている社団法人です。

︎犬の競技会に出場するためやることリスト

愛犬と一緒に訓練競技会または、アジリティーに参加してみよう!となった場合こんなことが必要になります!

会員登録や書類提出などの事務作業

イベントなどを主に管理している日本の大きな団体の一つにジャパンケネルクラブがあります。こちらのサイトにはイベントの詳細や手続きなどたくさんの情報が載っていますのでチェックしましょう!
(情報は更新されますので必ずご確認の上お手続きをお願いいたします。)

大会に合わせた訓練

公園でのお散歩やボール遊びではやはり、競技会へは足りません。
参加を決めた場合は、訓練所へ通うのがオススメです。
その大会に必要な科目や専門の方からのアドバイスを聞くこともできます!

愛犬の健康管理

大会に向けて今まで以上の運動や訓練が必要になる犬たち。体の疲労やメンタルでのストレスなども出てくることもあるでしょう。
その際、一番必要なのは飼い主の皆さんのケアです。食事であったり必要以上のストレスをかけすぎないなど今まで以上に細かく、犬たちを見てあげることが大切になります。

愛犬との意思の疎通

厳しい訓練やハードな練習が必要になるときだからこそ、しっかりコミュニケーションをとっていってほしいと思います。
いつも以上に声をかけ、一緒に訓練をしてあげてください。撫でたり、触れたりと飼い主さんでしかできないコミュニケーションをとってください。

まとめ

訓練競技会とアジリティー、犬にとっては少し厳しい訓練などもあるかもしれません。
でも、飼い主と一緒に同じゴールをめざしていく。というのはいつもの愛犬との生活にプラスの効果をもたらすことも多いのではないでしょうか。
まずは、競技会を見に行ってみてはいかがでしょうか??