いくつになっても夢見がちな男性っていますよね。具体的な道筋が立っていないのに自信満々……。でも「そろそろ現実を見て!」って言いたくなっちゃうこともしばしば。そんな「夢見がち男性たちのビックリ言動」を集めてみました。もし、彼氏がこんな夢見がちなタイプだったら、お付き合いを続けるのもイヤになっちゃうかも?

1:絶対バンドで成功する

Aさんの彼氏は看護士さん。「俺はこんなものじゃない、将来絶対バンドで成功する」と何年も言っています。

でもそんな彼氏、実はバンド活動は一切していないんです! ちょっと歌が上手いのは認めますが、それだけで「いつかバンドのボーカルになって成功する」と言い切るのはちょっと……。

せめて活動してよ

そんな夢見がち彼氏、売れていないバンドマンよりも残念ながら可能性がありませんよね……。せめて、バンド活動をしたり、何かはじめてから言ってほしいものです。

2:あいつに出来るなら…俺も起業だ!

男友達の起業が成功した話を聞いて「あいつで出来るなら俺もできるに決まってるし、俺も起業することにした」と、なぜか見下し気味に話をすすめるBくん。

半年後

その後、半年ほど経って進捗をきいてみると「今、起業に向けて本を沢山読んだり、セミナーに行ったりしてる!」と……。知識を蓄えるだけで満足している様子。実際の起業は、きっといつまでもしないのでしょう……。

3:逆玉の輿の自信

フラフラと定職に就かずに自由な生活を送っている友人Cくん。「将来の不安とかないの?」という話に。

ポジティブ

「いつか逆玉の輿にのれるから、仕事になんか就かなくても大丈夫だよ!」と自信満々。でも、具体的な相手はいないそうなんです。どこから、そんな自信とポジティブさが生まれるのでしょうか……?

4:海外に行けばなんとかなる

「海外に移住するんだ、日本はもうダメでしょ」となぜか日本に対して上から目線で語るDくん。

彼は、普通の会社員。なぜそんなに日本に絶望してしまったのか分かりませんが、外国語も一切話せず、海外で具体的に稼ぐプランもないDくんです。

口だけだと噂に

でも、Dくんは3年後には海外移住すると豪語します。海外にさえ行けば、すべてが上手くいくと真剣に思っているんです。特に計画を進めている素振りはありませんので、きっと口だけなのでは……と、友人の間で噂になってしまっています。

追いかける?

夢を追いかける男性の姿ってかっこいいものですが、そのための努力を何もせず口だけですごいことを言う男性にはちょっと引いてしまうものですね。

本当に追いかけているのか?よ〜く見極めましょうね!