married or not?

写真拡大

 ジュエリーブランド「オー(oeau)」から、新ライン「married or not?」が登場する。ウェディングやエンゲージメントという言葉に囚われず、それぞれの毎日のライフスタイルに溶け込むリングを提案。11月から発売される。

 オーはこれまで18Kホワイトゴールドに特化して展開してきたが、新ラインでは新たにイエローゴールド、ピンクゴールド、プラチナゴールドを加えた全4種類の素材の中から選びオーダーすることができる。ダイヤモンドのほか、サファイヤやガーネットなどをあしらったリング計26型を展開し、重ね付けも楽しめるラインナップとなっている。価格帯は9万円〜98万7,000円。
 オーはファッション誌のウェブエディターからデザイナーに転身した高田佳代子が2015年11月に立ち上げたブランド。ブランド名は酸素のO2と、フランス語で水の意味を持つeauを組み合わせた造語で、人にとって必要不可欠で24時間365日側にいる存在でいて欲しいという想いが込められている。