田中卓志(アンガールズ)

写真拡大

3日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で、アンガールズ田中卓志が、国立大学・入学試験の物理で満点を取った快挙を告白した。

田中と相方の山根良顕(やまね・よしあき)がゲストで登場し、自分たちの経歴を振り返っていた。田中は、父親の「建築士はメチャメチャもうかる」という助言に従い、一浪を経た後に国立の広島大学工学部に入学した。その際、田中は入試科目の物理でなんと満点を取ったそうなのだ。この快挙にスタジオから一斉に驚きの声が上がった。

田中は物理が大好きだったからだと明かす。さらにはセンター試験で失敗していたため、物理の満点がなかったら合格できなかったとか。

合格できた理由は浪人時代に、予備校教師から受けた「お前たちは学生でもないし、社会人でもない1番微妙なとこになったんだぞ」「それを見つめ直して、この1年頑張れよ」という激励に奮起し、1年間テレビも見ないで努力した結果だと振り返っていた。

【関連記事】
有吉弘行 アンガールズ・田中卓志の特技に辛辣「殺すぞ」「知ったかぶりして!」
アンガールズ・田中卓志 電車内で盗難に遭った過去「被害総額30万円」
アンガールズ・田中卓志が貯金額1億円の噂を認める「事実ですよ」