学生の窓口編集部

写真拡大

夏から秋にかけてはアウトドアのレジャーが楽しい季節ですね。ここは一つ、本格的なキャンプに挑戦してみてはいかがでしょうか。今回は、キャンプ初心者の人向けに、絶対そろえておきたいマストアイテムをご紹介します。



■秋はキャンプに出掛けてみよう!

【精神年齢診断】 高い? 低い? あなたの内面をテストしてみよう

自然の恵み豊かな秋は、キャンプにも適した季節です。キャンプでは野外で宿泊するためにさまざまな道具が必要です。では実際にどんな道具が必要なのか、マストアイテムをピックアップしてみましょう。

●テント

泊まりがけになるので、テントは必須です。テントにはドーム型、ロッジ型、ツールーム型、ワンポール型といった種類があります。最近はドーム型のテントが人気ですが、タープ(後述)と一体になったツールーム型も、大人数のキャンプには便利です。テントを選ぶ際は参加人数によって決めるといいでしょう。予算をケチって安いものを買うと、寝心地が悪くて後悔することもあります。できるだけ良い品質のテントを選びましょう。

●タープ

テントが寝室ならば、タープはリビングに当たります。食事をしたりくつろぐとき、雨風や日差しを遮るための広い布です。タープにもヘキサ、レクタ、ウイング、スクリーンなどの種類があります。

・ヘキサ

2本のポールを使って設営する六角形のタープです。構成がシンプルで手軽に設営できるというのがメリットです。

・レクタ

計6本のポールを使って設営するタープです。スクエアと呼ぶこともあります。ヘキサ、ウイングに比べて設営が難しくなりますが、面積が大きいので大人数向けです。

・ウイング

ヘキサと同様、設営には2本のポールを使うひし形のタープです。有効面積でヘキサに劣るため、現在の主流はヘキサです。

・スクリーン

メッシュなどのスクリーンで周囲を囲むタイプです。開放感は失われますが、虫よけになるというメリットがあります。

●マット

テント自体の底を保護する「グランドシート」と、室内用の「インナーマット」の2種類があり、どちらも必要です。テントの下は地面なので硬くて痛かったり、夜は想像以上に冷たくなったりしますから、グランドシートの上にインナーマットを敷きましょう。

●ロープ、ペグ、ハンマー

テントやタープを設営するのに使う道具です。ペグとは地面に打ち込む金具で、これにロープをかけ、テント、タープを固定します。ハンマーはペグを打ち込む際に使います。

●寝袋、枕

テントがあれば最低限雨風はしのげますが、寝るときは寝具が必要です。さすがにベッドや布団は持っていけないので、寝袋を使います。枕は必須というわけではありませんが、ないと眠れないという人は持っていきましょう。

●軍手

テントの設営、道具の移動、炭を触る際の保護など、アウトドアでは欠かせないアイテムです。コンビニなどでも買えるゴム引きタイプの軍手は、すべり止めの効果が高く、比較的安価でおすすめです。

●イス、テーブル

食事をしたりくつろいだりするのに必要で、どちらかというとイスが重要です。食事用には簡単なイスでいいのですが、ゆったりくつろげる座り心地のいいイスもほしいところです。

●ランタン、懐中電灯

キャンプ場では、夜は真っ暗になります。そこで必要になるのがランタンです。ランタンは、手で掲げたり持って運べる照明器具で、テント内の照明のみならず、キャンプ場内での移動にも必要です。懐中電灯は、屋外の移動の際にあると便利です。

●水タンク、クーラーボックス

キャンプ場で水をくむこともできますが、何度も水場に行くのは面倒ですね。ある程度の水を近くに確保しておくために水タンクがあると便利です。クーラーボックスは、飲み物や食材用に使います。

●バーベキュー用品、調理器具、食器、ゴミ袋

食事はキャンプでのメーンイベントでもあります。バーベキュー用品とは、コンロ、たき火台、木炭(燃料)、着火剤、ライター、トングなどです。その他、調理器具、食事用のお皿、コップ、箸、フォークなどの食器も必要です。後片付け用のゴミ袋も忘れずに。

●食材

道具ではありませんが、食材も忘れてはいけませんよね。何を持っていくかはメニュー次第ですが、肉、魚、野菜、お米などは必要でしょう。食べきれるだけの食材を持っていき、できるだけゴミを出さないようにしたいですね。調味料も忘れないように注意してください。

気心の知れた仲間とキャンプで一夜を過ごすのは、素晴らしい経験になります。とはいえ、羽目を外し過ぎてしまうのも考えもの。キャンプ場でのマナーを守り、楽しく遊びましょう。

(藤野晶@dcp)