食べたあとはフラットに! 持ち帰りも収納もラクラクなランチボックス

写真拡大

ご飯用のお弁当箱はいくつかあるけど、サンドイッチなどのパン弁当に合うのがなくて…という人は意外に多いよう。雑貨に目がない立体造形家の森井ユカさんなら、どんなものに入れるのでしょう? 早速伺ってみました。

【写真を見る】おいしいお店のバッグに、おいしいパンを入れて

■ 【HO.H.の「フラットランチボックス」】

「食べ終えたら、平らに畳んで持ち帰ることができるランチボックス。洗って繰り返し使えるポリプロピレン製。サイズやデザインも豊富に揃っています」。組み立て時18.5×8×5cm 各850円/ホーショー

■ 【シニフィアンシニフィエの「オリジナルバッグ」】

バゲットの絵をプリントした、人気パン屋さんのバッグ。「お弁当にいいコンパクトサイズなので、サンドイッチを入れてピクニックしたくなります」。34×14×19cm 1,200円/シニフィアンシニフィエ

こんなかわいいランチアイテムがあれば、パンの日が続いてもいいかも!? もちろん、和食弁当に使ってもキュート!