野菜の栄養素って知ってる?栄養価の高い野菜TOP3をご紹介

写真拡大 (全6枚)

野菜には種類がたくさんあり、栄養素もそれぞれですよね。そんな野菜をたくさん食べた方が良いことはわかっていても、どんな野菜にどういった栄養価があるかは詳しく知らない方がほとんどなのではないでしょうか?そこで今回は、野菜の中でも特に栄養価の高いトップ3をご紹介します。ちょっと意外なものがランクインしていますよ!

3位 パセリ

 パセリに含まれる栄養素

パセリは、「鉄分」「カルシウム」「ビタミンB1・B2」を多く含んでいます。

特に「鉄分」の含有量は他の野菜と比べてもダントツで、その数値は一般的に鉄分が多いと言われている小松菜の約3倍以上。
鉄分は、貧血防止効果に加えて疲れにくい体作りをサポートしてくれますので、定期的な摂取がおすすめです。

 

おすすめ簡単摂取方法「パセリのおひたし」

パセリとパプリカのおひたし 参考:レシピブログ

ちょっと意外なパセリのおひたし!

パセリのみの場合は沸騰させたお湯に塩をまぶし、30秒ほど茹でるだけ。
冷やして水気をきり、醤油や鰹節と合わせるだけで完成の簡単レシピです。

お好みで別な野菜もおひたしにすることでおいしくいただくことができます♪

レシピ

 

2位 しそ

しそに含まれる栄養素

しそから摂取できる主要栄養素は「カロテン(ビタミンA)」です。

その含有率は野菜の中で一位と言っても過言ではありません。
さらに「α-リノレン酸」という栄養素も含まれており、体内の免疫力を高めてくれる効果があるのでアレルギー持ちの方にもおすすめです。

 

おすすめ簡単摂取方法「練り物に混ぜる」

黒酢でいただく♪ 豚しそ餃子 参考:レシピブログ

しそを摂取する際は、餃子や肉団子の中に加えて食べるのが簡単ですよね。
風味が良いアクセントになりますので、味を楽しみつつ栄養素をしっかり摂ることができます。

レシピ

 

1位 モロヘイヤ

モロヘイヤに含まれる栄養素

モロヘイヤも「カロテン」が豊富です。

ホウレンソウの約4.6倍、ブロッコリーの約19倍とも言われており、野菜の中でもズバ抜けています。
カロテンには活性酸素を除去する働きがあり、肌や身体の老化を防いでくれるため美肌や健康に効果的です。

 

おすすめ簡単摂取方法「モロヘイヤ納豆」

モロヘイヤのキムチ納豆和え 参考:レシピブログ

モロヘイヤを細かく刻み、納豆と混ぜて食べるのが簡単でおすすめ。
モロヘイヤの粘り気が納豆に程よく絡み、納豆単体とはまた違った味が楽しめます。
ご飯にかけても良いですし、他の野菜と和えてネバネバサラダにしても良いでしょう。

レシピ
今回紹介した3つの野菜は葉物野菜ですので、細かく刻むなど少し工夫するだけで普段のレシピにも加えやすいかと思います。
ぜひ今後の料理作りの参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

野菜の王様ケール!その栄養と4つの効果とは?

夏野菜を食べて健康美を目指そう!種類別効果と摂取の仕方