マンUがA・ペレイラと契約延長か、指揮官も「将来の偉大な選手」と期待

写真拡大

 マンチェスター・Uに所属しているブラジル人MFアンドレアス・ペレイラは、同クラブとの契約延長が近いようだ。9月2日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 昨夏グラナダへローンで移籍していたペレイラは、今夏もバレンシアへ1年のローン移籍が決定した。しかし同メディアによると、選手本人もマンチェスター・U側も、21歳の同選手の完全移籍での退団はまったく考慮しておらず、契約を延長することが濃厚のようだ。

 同選手の契約について質問されたマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は「アンドレアスはすでに非常に良い選手。素晴らしい能力を持ち、成長意欲があり、良い姿勢を持つ若い選手だ。このクラブの将来の偉大な選手の1人になる可能性があることは間違いない」と同選手の将来を期待するコメントを残した。

 2014−15シーズンにマンチェスター・Uでプロデビューを飾ったペレイラは、今夏グラナダへのローン期間が終了した時、「将来的にチーム(マンチェスター・U)の主軸になる」という展望を語っていた。

 2回めのローン移籍が決定し、未だマンチェスター・Uで13試合しか出場できていないペレイラだが、マンチェスター・Uの将来を背負う男の放出の心配は必要ないようだ。