2億5000万年前の塩“賞味期限”に戸惑い

写真拡大

2億5000万年前のヒマラヤ、そこは海だった。地殻変動によって徐々に隆起し、今では海だったと想像することも難しいが、残された塩がその歴史を示している。特にピンクの塩は人気で、最高品質の塩として名高いが、とある購入者がふと疑問に思ったことが話題となっているようだ。

米ソーシャルサイト・redditに投稿されたのは、ヒマラヤの塩の入った瓶。ピンク色が華やかで、2億5000万年前の塩であると表示されている。だが、一方で賞味期限も示されており、そこには2022年の6月20日までとの記載。これに投稿者は戸惑っているようだ。

こうした素朴な疑問に「これは笑える」「これから2億年経っても味は変わらないと思うよ」「着色料が抜けてしまう期限に違いない」「人類が2022年まで絶滅していない保証はない」「責任逃れのための表示だ。人類は何を食べていいのか自覚してここまで反映してきたんだ。気にすることはない」といった様々な反応が寄せられている。