「豚しゃぶのねぎだれサラダ」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:鈴木薫 撮影:三村健二

写真拡大

豚しゃぶとひと口に言っても、野菜の組み合わせやたれ次第でさまざまに表情を変えます。にんにくやしょうがといった香味野菜と合わせれば食欲もアップ。豚肉と一緒にたっぷりの野菜が食べられるので、お腹いっぱい食べてもヘルシーなのが嬉しいですね。今回は多彩なドレッシングでいただく豚しゃぶ5品をご紹介します。

ほかにもいっぱい!「豚しゃぶ・冷しゃぶのレシピ」をチェック!

■ 【豚しゃぶのねぎだれサラダ】(318Kcal、塩分2.0g、調理時間10分)

<材料・2人分>

豚しゃぶしゃぶ用肉 200g、セロリ(葉つき) 1/2本、黄パプリカ 1/4個、ねぎだれ(長ねぎのみじん切り 1/4本分、しょうがのみじん切り 大さじ1/2、にんにくのみじん切り 小さじ1/2強、ポン酢じょうゆ 小さじ5、しょうゆ、ごま油 各大さじ1/2)、酒

<作り方>

1. 鍋に湯を沸かして酒適量を加える。豚肉を1枚ずつ入れ、肉の色が変わったらすぐにざるにとって、そのままさます。肉をさっとゆでたら、水にはとらない。そのままざるでさますと水っぽくならず、うまみが残る。

2. セロリは葉と切り分け、6cm長さに切って縦薄切りに、葉は食べやすい大きさにちぎる。ともに水に約5分さらして水けをきる。パプリカは縦細切りにする。

3. ボウルにねぎだれの材料を入れて混ぜ、1、2を加えてざっと混ぜ合わせる。

黄パプリカやセロリを使った変わり種の冷しゃぶ。香り豊かなねぎだれが豚肉と相性抜群で、思わずご飯をおかわりしたくなってしまうはず。肉のうまみを残すために、ゆでた豚肉は水につけずに冷ましましょう。

■ 【もやしと豚しゃぶのきゅうりドレサラダ】

すりおろしたきゅうりをドレッシングに使うことでさわやかな後味に。練りわさびの辛みがアクセントです。

■ 【豚しゃぶとアルファルファのサラダ】

栄養価の高いスプラウト「アルファルファ」の食感が楽しい1品です。大豆の甘みが感じられるソイドレッシングが味の決め手。

■ 【豚しゃぶボリュームサラダ】

にんにくだれがやみつきになるメニューです。ゆでたにんじんやゴーヤーの色合いで食卓が華やかに。

■ 【豚しゃぶとひじきの6品目サラダ】

肉と野菜だけでなく、海藻も入っているので栄養バランスはばっちりです。豆板醤で味を引きしめるのがポイント。

豚肉には、とり肉や牛肉にはあまり含まれていない“ビタミンB1”が豊富に含まれています。ビタミンB1は疲労回復に効果があり、疲れているときや元気をつけたい時におすすめですよ。