ガル・ガドットという“スター誕生”の瞬間 『ワンダーウーマン』が映し出す現代映像のありよう

写真拡大

 『ワンダーウーマン』が世界的にブームとなり、女性スーパーヒーロー映画では歴史的な成功作となった。主人公ダイアナ/ワンダーウーマン役をオーディションで勝ち取ったイスラエル人女優ガル・ガドットの鍛え上げられたマッチョな長身(178cm)、カワイさとは対極のコワモテの顔貌が、成功の要因であることは間違いない。低評価に悩みながら6作をも数えた『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ(本人曰く「正しい発音のヨヴォヴィッチと呼んでほしいとのこと」)、旋風を起こした『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロンら、近年のハリウッド大作において、非米国系の白人女優を中心に醸成されてきた女性タフガイの系譜(ヨヴォヴィッチはウクライナ人、セロンは南アフリカ人)が、この『ワンダーウーマン』でついに「スター誕生」の神話性にまで達した観がある。

参考:なぜ真の女性ヒーロー映画が登場するまで40年かかったのか? 『ワンダーウーマン』の画期性

 「スター誕生」と言うのは、ワンダーウーマンという役柄によってガル・ガドットという才能豊かな女優が映画初主演を実現させ、スターダムに上るドキュメント性を本作がまとっているためで、と同時に、今回の物語じたいがワンダーウーマン誕生秘話だからでもある。そういう意味では、ヒロインのカットニスが戦士として覚醒する物語と、カットニスを演じたジェニファー・ローレンスの女優としての成長とが歩みを共にしていた『ハンガー・ゲーム』シリーズを連想させる。『ハンガー・ゲーム』はギリシャ神話とリアリティショーの融合という意表を突いたコンセプトでじつに興味深いシリーズとなったが、ギリシャ神話からの借用というアイデアは、1941年に誕生して息の長い人気を誇るアメリカンコミック『ワンダーウーマン』の影響を受けているのだろう。

 ミラ・ヨヴォヴィッチ、シャーリーズ・セロン、そしてジェニファー・ローレンスはいずれも、どこでもないどこか、すでに私たちの文明も崩壊したディストピア──男女間の性差別をうんぬんする余地もないほどに荒れ果てた空間でこそ、彼女たちの圧倒的な存在が謳歌された。つまり、現在でもなお残る(いや、むしろ悪化している地域さえ少なくないだろう)男女間の地位格差、機会の不平等から無縁の地平でのみ、彼女たちはみずからを主張できたに過ぎない。そして無視できないのは、それらはみな男性監督のもとで作られたものである。

 ところが、興味深いのは、『ワンダーウーマン』が現実の20世紀の物語であるという点である。イギリスで世界最初の女性参政権が(限定的ながら)認められた第一次世界大戦期という時代設定が、非常に秀逸である。女性だけの国アマゾネスを小さな舟で発ち、初めて戦時下のロンドンに到着したダイアナ/ワンダーウーマンは、国会議事堂に乗りこんで、議員たちの無意味な議論に意気軒昂に異を唱える。スーパーヒーローのSFアクション映画だから、こんなシーンに尺を割いてはいられないのは分かるけれど、「もっとやれ!」と言いたい名シーンだった。未開人の野蛮性(失礼!)と、アマゾネス王国の王女という高貴性が意識と反応のズレを生んだとき、ガル・ガドットの「スター誕生」的瞬間が最高潮に達する。彼女は戦いながら、敵を圧倒的なパワーで蹴散らしながら、20世紀人間文明の邪悪さ、愚劣さを学ぶ。と同時に、雑踏の屋台でアイスクリームを買い、初めて舐めた瞬間にその美味を礼讃する。ワンダーウーマンだって王女なのだから、少しは『ローマの休日』をやらせてあげようという、監督と脚本家の親心であろう。

 ところで本作の監督はパティ・ジェンキンスという女性監督で、長編デビュー作『モンスター』(2003)で周囲の反対を押し切ってシャーリーズ・セロンを主演で撮った人。セロンはこの作品でアカデミー主演女優賞、ゴールデングローブ主演女優賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞(主演女優賞)の3冠を獲ってスターの仲間入りを果たし、のちに『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で独裁者に反旗を翻す女性司令官フュリオサを演じ、圧倒的な支持を得ることになる。おもしろいのは、パティ・ジェンキンス監督が空軍パイロットを父に持ち、カリフォルニアのヴィクターヴィル・ジョージ空軍基地の生まれであることだ。戦争映画でもある本作において、基地で育ったパティ・ジェンキンス監督の知識がリアリティをもたらしたのは間違いない。そしてまた、ワンダーウーマンを演じたガル・ガドットもイスラエル軍への兵役経験があり、苛酷なアクション撮影において、軍隊での訓練が役立ったのだという。

 なにやら、頭のてっぺんからつま先まで(女性に転化された形とはいえ)マチスモに貫かれた感のある本作に、いささかの当惑を感じないと言ったら嘘になる。中東での取材経験の豊富なジャーナリスト志賀玲氏が、イスラエル出身の彼女がイスラエル軍のガザ攻撃や民間人殺戮を支持し、自身のフェイスブックに「私たちは正しい」「イスラエル軍に愛を」と投稿していることを報告した文章が「YAHOO! ニュース個人」に掲載されて、日本国内でも議論を呼んだのはごく最近のことだ。イスラエルの右派、タカ派にとってガル・ガドットは自分たちの主張をソフトに世界に伝えるアイコンとなっているそうである。彼らは、自分たちが全世界で危険な存在だと思われていることに多分に自覚的であり、ガル・ガドットのような思想を共有する同胞が平和の戦士をハリウッド大作で演じ、世界にアピールすることは、彼らにはありがたいことだろう。

 本作の舞台が、原作の生まれた第二次世界大戦期ではなく、第一次世界大戦期に据えたのは、パティ・ジェンキンス以下、製作スタッフのたくみな政治的配慮である可能性がある。もしも本作が原作と同時期の第二次世界大戦を舞台にしていたら、イスラエル人女優が戦地でナチスドイツと対峙することになり、それは「シャレにならない」ものとなるだろう。平和の戦士どころか、ホロコーストへの復讐のために戦いの女神が降臨した、というような非常にまずい解釈が生まれてしまう。ワンダーウーマンはナチスをやっつけたあと、パレスチナに駐留してシナイ半島を制圧してしまうかもしれない。

 政治的な映画だけでなく、映画とはつねに、政治的なものである。それがコミック原作のスーパーヒーローであっても。いや、近年もっとも政治的な映画は、昨年の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ではなかったか。ダイアナ/ワンダーウーマンはなぜ英米軍に付くのか? ナチスと異なり、第一次大戦のドイツを勧善懲悪の悪に仕立てるのはもはやアナクロニズムだが、なぜそれを採用したのか? ローマ神話の狩猟と貞節の女神ディアーナ(Diāna)はなぜ、イギリスの皇太子妃と同じダイアナ(Diana)を(偶然とはいえ)名乗って英国軍に参戦するのか?

 スーパーヒーロー映画とは畢竟、PKO(平和維持活動)の映画であり、自警団の映画でもある。アイアンマンとキャプテン・アメリカの対立は、「正義」の行使を国連管理下に収めるかどうかの対立だった。日本のスーパーヒーローとして、なつかしい必殺仕掛人・藤枝梅安の名前を挙げよう。梅安は、法律で裁ききれない悪党どもを超法規的な手法で退治する。悪を退治するとは、どっちが悪なのかを決めつけるということでもある。そして当然のことながら、ハリウッドのスーパーヒーロー映画は、英米を中心とする価値観のもとに、地球規模の自警団を描いてみせる。この危うさを、アメコミ映画の中に改めて見出すことができる。そしてこれは単純な批判で済ませられるものではない。

 近年のアメリカ映画はますますアメコミ等を源泉とする「ユニバース」プラットフォーム一色に染まりつつある。ワンダーウーマン、バットマン、スーパーマンの所属する「DCエクステンデッド・ユニバース」、アイアンマン、スパイダーマン、ハルクらの所属する「マーベル・シネマティック・ユニバース」、同じくマーベル社の『X-MEN』、今夏にローンチされたユニバーサル社の「ダーク・ユニバース」などである。スピンオフが乱発され始めた天下の『スター・ウォーズ』もなかばユニバース化されつつある。この「ユニバース」なるアメコミでは古典的な世界観が、2010年代のアメリカ映画で支配的となってきている現状は、単にNetflixやHulu、Amazonといったネット系メディアの繰り出すドラマコンテンツへの対抗、という経済的な見地からだけでは見切れない。『ワンダーウーマン』は、現代映像のありようを考察する上で、さまざまな見地を提供してくれ、まったく興味が尽きない。(荻野洋一)