東リ(株)は、ホテル等の宿泊施設、賃貸住宅・独身寮などの洗面・トイレ付き浴室など、水回りリフォーム用のビニル床シート「ラバナ」を、10月24日(火)に新発売する。

 昨今ホテルの改修の需要が高まっているが、その中でも洗面・トイレ付き浴室の改修はニーズが高くなっている。従来はユニット全体の入替え工事が主流となっているが、工期が短く、費用が安価な塩ビ床材による改修も増えている。今回新発売する「ラバナ」は、そうしたニーズに対応した、防汚性や耐尿性の機能と意匠を兼ね備えた水回りリフォーム向けビニル床シートである。既存の床材の上に重ねて貼るタイプのため、工期が非常に短くなる。
 デザインは「モダンタイル」「グレースマーブル」「アクアモザイク」の3柄6アイテムをラインナップ。防カビ性、衝撃吸収性、防滑性、抗菌性、防汚性、耐尿汚染性、抗水虫菌性などに優れている。