モテテクの王道であると言われることもあるボディタッチ。その効果を最大限に活用したいのなら、男子に効くボディタッチと効かないボディタッチを知っておくべきでしょう。今回は、男心をドキっとさせるボディタッチについてご紹介します。



1. 会話が弾んでいるときに触る


まずは、ボディタッチのタイミングから。二人で地味に静かなときにいきなりボディタッチすると、彼はすごくびっくりします。あなたもそうですよね? なんの前触れもなく急に触ってこられたら、「こいつ変態?」とかと思うでしょう?

ボディタッチから最大限にモテパワーをゲットしたいのならまず、“ノリ”が大切です。たとえば会話が盛り上がっているときに、それとなくボディタッチするということです。では、彼の体のどこにタッチするのが効果的なのでしょうか?

2. 際どい太ももではなく、二の腕にタッチ!


太ももを触られた男子はソワソワしちゃって、そのあとの彼女の話が上の空になります。「太ももを触ってきたということは、彼女はもしかして……?」と、いろんな妄想が広がって会話にならなくなる恐れが出てきます。

二の腕ってエロパーツなの?
太ももと似たような効果が得られるパーツで、かつ、太ももほどエロくないパーツとして“二の腕”があるそうです。厳密にいえば、二の腕の内側。二の腕の内側は肌が薄く、わりと感じやすいパーツであると、エステティシャンの先生が言っていました。

だからできる女子は、彼と腕を組むときに、彼の二の腕に自分の腕を巻きつけるのだそうです。でもまあ、会話の途中で二の腕にタッチするのであれば、腕の外側にするといいでしょう。彼の二の腕をぷにっと掴むタイミングがあれば掴んでみると、彼はいろんな意味で“感じて”くれて、より効果的かもしれません。

3. 同性にも同じようにボディタッチを…



たとえば、合コンで気になる彼にボディタッチしたい場合は……近くにいる同性にもボディタッチしておくのが無難かもしれません。気になる彼にだけボディタッチすると、「こいつ、男好き?」と周囲の人に思われてしまう場合があります。

ナチュラルに!
会話や気分が盛り上がったら、相手の腕に軽く触れちゃう人がいますが、そういう“習慣”を身につけておくといいかもしれませんね。洋服の上から軽く腕にタッチするというのは一般的とは言えないかもしれませんが、「そこまで常識外れなことではない(だから安全に親密になれる)」と言えるでしょう。

周囲の人々を敵にまわすことなく、気になる彼とボディタッチを通して親密になるのがポイントですよ!

4. 狭い場所ですれ違ってみよう


ボディタッチをするタイミングをどうしても見い出せないときや、タッチする勇気がないときは、狭い場所で気になる彼とすれ違うという方法があります。たとえば、合コンに気になる彼がいる場合、狭いトイレの出入り口付近の通路で、彼と密着状態ですれ違うのです。すると、たとえば女子のお尻と彼の体の前面が触れ合いますね。これもれっきとしたボディタッチです。

周りにバレずにタッチができる!
この方法を使っている女子って、かなりあざといと言えます。が、トイレに行くタイミングを彼と合わせることで、他の人にバレることなくタッチできますよね!
すれ違いざまに触れてしまったとなると、これはもう腕にタッチするとか、手にタッチするというのを遥かに超えて、彼はドキドキします。で、トイレから帰ってきて、二人でタッチなしで仲良くおしゃべりするのです。



いかがでしょうか。
露骨なパーツにいきなり触るのはNG。ざっくり言えばこういうことです。ボディタッチに限らず、なんでも“前段階”があってこそ、その効果が最大限発揮されます。
まずは会話を盛り上げて、タッチできる雰囲気を作ることです。それができない人は、あざとくトイレの前で彼と密着状態ですれ違って「ごめんね」とかと言っておくと、それでいいのです。彼は勘で、密着“してくれた”意味を察してくれます。
(ひとみしょう/studio woofoo)