ニンニクダレたっぷりの肉、ビール、キムチ……。焼き肉屋は悪臭になる原因のオンパレード

写真拡大

◆通常時の口臭からどこまで跳ね上がるのか!?

 夏の残暑、行楽疲れが残ったカラダには、ニンニクをたっぷり食べてスタミナをつけたい。だがしかし、プ〜ンとニンニク臭を漂わせて上司や同僚に白い目で見られるのは避けたいもの。そこで、“口撃”力抜群のニンニク料理を実際に食べ、口の臭いを測ってみた。

 まずは、ニンニクマシマシが人気のラーメン二郎。室温30.7℃という蒸し暑い店内で、油ギッシュな野郎どもに囲まれながら食べるラーメンのニンニク臭は強烈だ。大量の汗をかきながら完食し、いざ臭気計で測定。記者の普段の口臭は150(※)だが、食後の数値は、その倍の300を記録した。

 日を改めて、おろしニンニクダレが絶品の焼き肉店に挑戦。欲望のままに肉を焼き、たっぷりとタレをつけて食べる。濃厚な味に引っ張られ、ビールやマッコリにも手が伸びてしまう……。鼻に抜けるニンニク臭は本人には至福そのものだが、食後の数値は1320とかなりの数値を打ち出した。

 さらに別の日、ニンニクを大量に使用する中華料理屋に。室温29.9℃の店内から漂ってくる凶暴なニンニク臭。測定してみると、483となかなかの数値である。ニンニクの入った料理数皿とビールを平らげ、測定してみると1152。焼き肉ほどではないものの、中華の口撃力もあなどれない。

 結果は、ほか2店がラーメン二郎の4倍近い数値となった。この理由は何なのか、臭気判定士の松林宏治氏の解説を聞いてみよう。

「このような結果になったのはニンニクよりもアルコール。焼き肉と中華料理ではアルコールを摂取することが多いでしょう。体内のアルコールは、臭いの原因になる酢酸やアセトアルデヒドになるので、数値が上がったのだと思われます」

<ニンニク料理口臭ランキング>

1位 焼き肉後の口臭…1320
2位 中華料理後の口臭…1152
3位 ラーメン二郎後の口臭…300

【松林宏治氏】
臭気判定士。大手デベロッパーや設計会社、病院などの悪臭対策を請け負う共生エアテクノの代表。テレビや雑誌など多くのメディアで臭いに関するコメンテーターや判定士として活躍中

※臭気の参考値として、気温30℃の街中は「30」、JR渋谷駅構内トイレは「70」。臭気計で測定できるのは臭いの強度や複合臭としての強さなので、臭いに対する快・不快は必ずしも反映されない
― 猛暑の悪臭スポットを測定してみた ―