映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」が9月2日に初日を迎え、舞台挨拶が行われた/(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017「トモダチゲーム」製作委員会

写真拡大

映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」が9月2日に初日を迎え、東京のユナイテッド・シネマ豊洲で初日舞台挨拶が行われた。

【写真を見る】吉沢亮と山田裕貴が、舞台上で見せつける!?/(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017「トモダチゲーム」製作委員会

この日は吉沢亮、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本凪(虹のコンキスタドール)、上野優華、浦上晟周、久保田悠来、永江二朗監督が登壇。ファイナルを迎えた気持ちや、お気に入りのシーンなどについてトークを展開した。

初めに、主人公・片切友一役の吉沢が「ついに、このファイナルを皆さまに見ていただく日が来たということで、とても嬉しく思っております」と挨拶。

また、「クライマックスで、それぞれの過去が明かされ、素の顔も明らかになり、『友情とは?』みたいな『トモダチゲーム』のテーマをそのまま描いています」と作品について紹介した。

続いて、それぞれが“お気に入りのシーン”を挙げることに。吉沢は「シルクロードさんをボッコボコにするシーンですね。多分、友一のゲスさがマックスじゃないかなって。この『劇場版FINAL』は、基本的にずっとゲスいんですけど(笑)」と話す。

さらに、「あとは、(上野優華演じる)マリアちゃんの顔を舐めるシーン。監督に『本当に舐めますか?』って聞いたら、監督も『やめとく?』みたいな感じになって。そうしたら、上野さんが『あっ、そうなんですか…分かりました!』ってサラッと受け入れてる感じで。『負けた!』と思って、『これは、やるしかない!』『監督、やっぱり舐めましょう!』っていうことで、もう意を決して!」と振り返ると、永江監督も「実際の段取りで、上野さんが舐められなくて寂しそうにしていたので」と暴露(?)。

思わぬ展開に、上野は「いやいや、そんな寂しそうな顔もしてないですし、舐められたかったとか、そういうわけでもないんですよ! そういうふうに受け取りました?」と必死に否定。

だが、「僕と吉沢くんに対して、『この意気地なし』くらいの雰囲気が出てました」(永江監督)、「『男のくせに、何ビビッてんだよ?』みたいな目で見られたから、もう舐めるしかないかって」(吉沢)と、ある事ない事(?)を好き勝手に言われてしまう。

その後、それぞれが「縄ほどきを頑張りました!」(根本)、「寒い中、いっぱい走りました!」(上野)と見どころを語り、久保田が「近くで吉沢亮くんの涙が見られて、舐めようかなと思いました!」と笑いを持っていった。

最後の挨拶では、山田が「作品が企画段階の時に、吉沢亮くんから『美笠天智は、山田裕貴くんでお願いしたいんですけど』っていうお話を頂いて、かなり燃え上がりました。同じ俳優に『やってほしい』って言われるのは、光栄なことですし。お芝居を超えたところで、友達として仲良くなれて、亮を支えられて良かったなって思っています」と熱い思いを口に。

そして、内田が「3部作最後の舞台挨拶が終わってしまうと思うと寂しいですが、皆さん『トモダチゲーム』から招待状が来ても、行かないように気をつけてください」とファンに呼び掛け、久保田が「トモダチ、大事に!」と一言。会場が爆笑に包まれる中、「トモダチゲーム 劇場版FINAL」の舞台挨拶は終了した。